記事タイトルバナー
  「バナナのF(頻度)をSAB-Zの視点から見る、その3!」です。その3では、バナナの年間購入顧客17,182人の内、年間1.0回しか購入しないZ顧客のみに絞
 前回、「バナナのF(頻度)をSAB-Zの視点から見る、その1!」ではバナナ17,182人の年間購入顧客のSAB-Z分析を試み、その年間F(頻度)の実態を明らか
 今回からいよいよ、F(頻度)の実態を実際の商品で見てゆきます。F(頻度)をどう視覚的に表現するかは難しいテーマです。ここでは、バナナのID-POS分析を通じて
 では、このID-POS分析特有のF(頻度)、どのように実践活用するかですが、図表に示したように、SABZの4段階で活用してゆくのが、わかりやすく、実践的といえ
 ID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を構築する上で、KPI(Key Performance Indicator)となる指標の一つがF(頻度)です。F
 マーケティングとマーチャンダイジングはよく似た概念であり、その違いが分かりにくいのが実態かと思います。どちらも、最終的には売上高(利益)を上げることが目的であ
前回ご紹介した、安全な農産物の認証制度「JGAP」。今回はその実践例をご紹介したい。
JGAPは、農場を対象とした品質管理手法である。JGAPとはJapan Good Agricultural Practiceの略であり、直訳すれば「日本の良い農
JGAPは、農場を対象とした品質管理手法である。JGAPとはJapan Good Agricultural Practiceの略であり、直訳すれば「日本の良い農
 引き続き今回のテーマもオリーブオイル。ただし今回取り上げるのは国産オリーブオイルである。国内でオリーブといえば小豆島が有名だが、現在オリーブが転作作物の1つと
イメージ戦略や、知名度を高めるために社会活動や環境活動する時代は終わった    私たちの活動に興味を持っていただいた「低炭素杯201
今日は2015年3月11日。東日本大震災から丸4年のメモリアルデーです。被災された方には心からお見舞いを申し上げ、亡くなられた方には御冥福をお祈りいたします。今
IOCにはオリーブ生産国を中心に25カ国が加盟しており、これらの国々の中ではIOCの定めた等級に従って表示を行うことが義務づけられている。だが、日本はIOC未加
オリーブオイルの消費が伸びている。健康ブームのなか、カロリーの高さから消費が控えられ気味の「油」だが、オリーブオイルだけはその健康効果から高い注目を浴びている。
佐藤由利(さとう・ゆり) オフィス・ラポール代表 接客トレーナー 1991年日本航空株式会社に国際線客室乗務員として入社。 2005年チーフパーサー
 これまで4回にわたり「海のエコラベル」ことMSC認証を紹介してきましたが、日本には持続可能な漁業に関するエコラベルがもう1つあります。マリン・エコラ
 日本国内のMSC認証は2件となっています。今回は、そのうちの1件である「北海道ほたてMSC漁業認証」について紹介します。取材は北海道漁業組合連合会に
佐藤由利(さとう・ゆり) オフィス・ラポール代表 接客トレーナー 1991年日本航空株式会社に国際線客室乗務員として入社。 2005年チーフパーサー
1. MSC認証のメリット    MSC認証の基準は厳しく、認証を取得するには時間や費用も掛かります。では、MSC認証を取得することで漁
佐藤由利(さとう・ゆり) オフィス・ラポール代表 接客トレーナー 1991年日本航空株式会社に国際線客室乗務員として入社。 2005年チーフパーサー