記事タイトルバナー
 平成25年に制定された食品表示法をもとに、平成27年に食品表示基準のQ&Aやガイドラインが施行されました。食品基準は食品ごと及び事業者ごとの区分に基づき規定さ
 日本における食品に関する法律は、昭和22年制定の食品衛生法、昭和25年制定のJAS法、昭和27年制定の栄養改善法(平成14年に健康増進法へ改正)が基礎となって
 前回でカップ麺は冷凍麺やインスタント袋麺に比べ、非計画購買比率が高く、バスケット内の購買点数を増やせる可能性が高いカテゴリーであるという結果がわかりました。今
 食品流通業における使命のひとつに、「食の安全の確保」があります。原料を国内はもとより、世界各国から調達し、製造加工も国内外の工場で行う現在の食品産業としては、
 第3回では、前回ご紹介したスーパーのカテゴリー別計画購買比率の結果より、簡便調理麺類(冷凍麺、インスタント袋麺、カップ麺)にフォーカスしてさらに細かい調査結果
 計画購買・非計画購買の比率は業態やカテゴリーによって異なります。スーパーでは、洗濯用洗剤や柔軟剤はブランド計画購買の比率が高く、カップ麺、惣菜・ホットフード、
 マーケティング活動をしていく上で、消費者が製品を使用するシーンや心理を探ることはとても重要です。一方で、いくら消費者のことを考えて製品を開発したとしても、実際
 北朝鮮の発射したミサイルが8月と9月の2度にわたり日本上空を通過した。東日本を中心に全国瞬時警報システム(Jアラート)が発動され、読者の多くが驚かれたことであ
 商品調達や店舗展開のグローバル化が進むなか、流通企業に新たなリスク対応力が必要とされている。北朝鮮情勢や米国大統領の動向から眼を離せない今、マネジメント層は、
 今回までの5回で、人手不足環境下におけるパート・アルバイトの採用上のポイントについてご紹介いたしました。「応募数・面接数など採用の実態を可視化すること」「面接
 アウトソーシング業者に何をしてもらうかを伝えるための「指示」の内容によって、結果は大きく変わってきます。例えば、キャンペーンに合わせた店頭での大陳作業をアウト
 4回に渡り採用におけるPDCAサイクルの重要性についてご紹介をしてきました。今回は、採用におけるPDCAをより効果的にそして採用施策の実行精度を高めるための採
 ここ数年小売業の広域化が進んでいる。特にドラッグストア業界ではその傾向が著しく、北海道や中部を拠点としている企業が全国展開を進める、九州を拠点としている企業が
 前回少しだけ触れましたが、セルフPOPのメッセージを考える際に押さえる必要があるのが「モノよりコト」という考え方です。「モノ消費からコト消費へ」などというフレ
 今まで、データを収集し分析することで課題をあぶり出し対策を実施していくことの重要性をご説明してきましたが、今回はその中でもちょっとした取り組みで応募者数を増や
 食品メーカーA社では毎年、春と秋にリージョナルスーパーB社とのタイアップキャンペーンを実施しており、キャンペーンに合わせた売場での大陳企画を展開している。これ
 コストマネジメント4.0についての連載は今回が最終回となります。寄稿している中でたくさんのご相談も受け、多くの小売業様にてコストマネジメントが非常に重要であり
 2017年7月5日 

第2回 セルフPOPの3W

 ドラッグストアなどのセルフ売場の多くは、カテゴリ別/ブランド別に整理されていますが、商品と値札を棚割通りに陳列しているだけではお客さまの潜在ニーズにア
 前回では、「課題の見える化が重要!」と申し上げましたが、では、「どのような数値を把握することで、具体的にどのような問題が生じていると把握できるのか」を考えてい
 店頭業務と一言で言っても、その内容は様々です。新規出店や棚替え時の陳列支援だけでなく、自社商品のエンド陳列や販促物設置などもあります。そもそも何故店頭フォロー