記事タイトルバナー
 最終回は、水産部門の代表的な商品、まぐろサクについて、F(頻度)の視点からID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を解説します。まぐろサクは水産部門の中
 過労死、長時間労働、ブラック企業等々、過酷な労働環境が様々な形で取り上げられ、政府が主導する働き方改革の名のもとに、あらゆる分野で総労働時間削減が求められてい
 かつてコンサルティング会社に在籍していた新人の頃、上司からよく言われていたセリフの一つに「準備段階でプロジェクトは9割終わっている」というものがあった。 プロ
 今回は、畜産部門の代表的な商品、合挽き肉について、F(頻度)の視点からID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を解説します。合挽き肉は畜産の中でも利用用
 前回、コストマネジメント4.0の概要を説明した。これまでのコスト削減との違いは『分析』や『単価比較』だけでなく『条件や仕様・BPR』まで踏み込み、なおかつ成果
 今回は、惣菜部門の代表的な商品、おはぎについて、F(頻度)の視点からID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を解説します。おはぎは惣菜部門の中でも独特な
「コスト削減をして筋肉質な経営を」  景気が悪化し続ける中、多くの企業が呪文のように唱え、経営戦略上の重点課題として、コスト削減を取り扱ってきた。そして、
 今回は、日配部門の代表的な商品、豆腐について、F(頻度)の視点からID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を解説します。豆腐は日配の中でも最重点商品であ
 今回は、菓子の注目商品、フルグラについて、F(頻度)の視点からID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を解説します。フルグラはここ最近、急成長したシリア
 今回は、食品の最重点商品、バーモンドカレーについて、F(頻度)の視点からID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を解説します。バーモンドカレーはロングラ
 前回、バナナのF(頻度)から見たマーチャンダイジング戦略を詳しく解説しましたので、さらにF(頻度)をイメージとしてつかむために、食品スーパーで実際に販売してい
  「バナナのF(頻度)をSAB-Zの視点から見る、その3!」です。その3では、バナナの年間購入顧客17,182人の内、年間1.0回しか購入しないZ顧客のみに絞
 前回、「バナナのF(頻度)をSAB-Zの視点から見る、その1!」ではバナナ17,182人の年間購入顧客のSAB-Z分析を試み、その年間F(頻度)の実態を明らか
 今回からいよいよ、F(頻度)の実態を実際の商品で見てゆきます。F(頻度)をどう視覚的に表現するかは難しいテーマです。ここでは、バナナのID-POS分析を通じて
 では、このID-POS分析特有のF(頻度)、どのように実践活用するかですが、図表に示したように、SABZの4段階で活用してゆくのが、わかりやすく、実践的といえ
 ID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略を構築する上で、KPI(Key Performance Indicator)となる指標の一つがF(頻度)です。F
 マーケティングとマーチャンダイジングはよく似た概念であり、その違いが分かりにくいのが実態かと思います。どちらも、最終的には売上高(利益)を上げることが目的であ
前回ご紹介した、安全な農産物の認証制度「JGAP」。今回はその実践例をご紹介したい。
JGAPは、農場を対象とした品質管理手法である。JGAPとはJapan Good Agricultural Practiceの略であり、直訳すれば「日本の良い農
JGAPは、農場を対象とした品質管理手法である。JGAPとはJapan Good Agricultural Practiceの略であり、直訳すれば「日本の良い農