記事タイトルバナー
 中四国地方を中心に食品スーパー(SM)を展開するハローズ(岡山県/佐藤利行社長)。「瀬戸内商勢圏180店舗3000億円構想」を長期ビジョンに掲げ、熾烈な競争が
 2016年3月、アークス傘下で同じ岩手県を本拠としていた食品スーパー企業のベルプラスとジョイスが合併し、ベルジョイスが発足した。統合から1年半以上が経過した今
 自然派食品EC(ネット通販)のオイシックスと大地を守る会が経営統合し、2017年10月1日、新会社のオイシックスドット大地(東京都)が正式に発足した。新会社の
 医薬品を中心に、健康食品から日用雑貨まで幅広い商品調達力をもつ大木ヘルスケアホールディングス(東京都:以下、大木ヘルスケアHD)。一方で、消費者の潜在ニーズに
 1910年に創業し、東京都内を中心に高質食品スーパー(SM)を展開する紀ノ國屋。2010年に東日本旅客鉄道(東京都/冨田哲郎社長:以下、JR東日本)の完全子会
 健康志向の多様化を先取りした商品開発やトマトをはじめとする野菜に関する情報発信によって、主力の飲料事業が好調なカゴメ(愛知県)。「トマトの会社から、野菜の会社
 今年9月に創業100周年を迎えた森永乳業(東京都)。次の100年に向けてスタートするにあたり、新たに森永乳業グループの経営理念体系・スローガンを策定した。乳で
 時代に適合した価値を生み出し確実に収益をあげるエバラ食品工業(神奈川県)。主力商品である焼肉のたれ「黄金の味」はもちろん、小容量・個食ニーズに対応したポーショ
 2005年、全国農業協同組合連合会(全農)の鶏卵販売事業のすべてを移管し、設立されたJA全農たまご(東京都)。全国の営業・物流拠点、生産者とのネットワークを強
 福岡県に本部を置き、九州全県で食品スーパー(SM)を展開するマックスバリュ九州。商勢圏では、同業のSMのほかにもディスカウントストア(DS)、食品の扱いが大き
 1982年、無添加化粧品を完成させたファンケル。その後、サプリメントなどの健康食品分野にも乗り出し、事業を拡大させてきた。おもな販売チャネルである通信販売や直
 食品スーパー(SM)大手のライフコーポレーション(大阪府:以下、ライフ)は、「3つの風土改革」と半径1㎞のシェア拡大を重点施策に掲げた第五次中期3カ年計画(第
 青森県を本拠に、岩手県、秋田県を含む北東北エリアで食品スーパー(SM)を運営するユニバース。競争環境が激化するなか、「Customers, our Prior
 衣料品専門チェーンのしまむら(埼玉県)の業績が回復している。2014年2月期から2期連続で営業減益となったが、16年2月期に営業増益に転じ、17年2月期は過去
 丸井グループは、「共創経営」を掲げ、顧客との協働による商品開発や商業施設づくりに取り組んでいる。その象徴と言えるのが2016年春にオープンした「博多マルイ」で
 いわゆるギャル系ファッションの代表的ブランド「MOUSSY」を展開するカジュアル衣料チェーンのバロックジャパンリミテッドが、2016年11月に東証一部上場を果
 北海道・東北を地盤とする食品スーパー大手のアークス。M&Aを活用し同業を仲間に入れ成長に結びつけてきた。2015年度(16年2月期)に売上高5000億円を突破
 14都県に141店舗を展開する食品スーパー(SM)大手のベイシア(群馬県/橋本浩英社長)は、危機感をバネにV字回復モードに入った。今年6月23日に社長に就任し
 テレビ通販国内最大手のジュピターショップチャンネル(東京都)が好業績を続けている。2015年度(16年3月期)業績は売上高1395億円(対前年度比2.2%増)
 福岡県と佐賀県で事業を展開する西鉄ストア(福岡県)。西日本鉄道(福岡県/倉富純男社長)傘下の食品スーパー(SM)で、現在、経営基盤の強化をテーマに掲