記事タイトルバナー
 昨今、「働き方改革」がブームとなっている。長時間の残業を押し付けたり、辞めたいという従業員を不当につなぎとめたりする「ブラックバイト」が問題視されるようになり
 スマートフォン向け写真・動画共有アプリの「Instagram」はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の中でもアクティブユーザーが多いことが特徴で、
 日本では核家族化の進行やライフスタイルの多様化、可処分所得の変化などに伴い、共働き世帯が増加している。労働政策研究・研修機構が発表している数値によると、201
 食品スーパー(SM)は、品揃えや売場づくり、販売促進策を工夫することで来店客数の増加を図っている。一方で、ウェブサイトについてはどうだろうか。買物や生活に役立
 オーガニックヴィレッジジャパンは16年10月、消費者1万人を対象としたオーガニック市場に関する調査を実施した。同様の調査はかつても実施されているが、1万人規模
 近年、EC市場の成長が著しい。ニールセンデジタルは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」およびパソコン版インターネット視聴
 2月24日、初めてのプレミアムフライデーが実施された。事前の報道では導入する企業の少なさを危惧する声が多く、企画倒れになるのではないかと懸念された。では、実際
 日本能率協会総合研究所は、1998年から「健康ニーズ基本調査」を継続的に実施している。最新版「健康ニーズ基本調査2016」から、注目すべき結果をいくつか紹介し
  ライフスタイルの変化やスマートフォンの急速な普及などにより、ネット通販(EC)を中心とした食品通販市場が拡大を続けている。
 肉ブームと言われて久しいが、いまなお、グルメ情報サイト『ホットペッパーグルメ』のフリーワード検索において、「肉」や「牛肉」などは人気の入力キーワードとして上位
 人手不足が深刻化するなか、企業間で優秀な人材の獲得競争が繰り広げられている。小売業でも例外ではない。雇用者の過不足状況を示す日銀短観(2016年9月
 昨今よく話題となる若者の「○○離れ」に関連して、「アルコール離れ」や「外食離れ」などを耳にする機会も多い。果たして実際はどうなのか。データから検証し
 2016年5月27日、改正酒税法が成立した。免許制度が存在する酒類小売業は1998年以降、需給調整規制を段階的に緩和し、量販店の新規参入を促してきた
文=今井 孝典 共同印刷 トータルソリューションオフィス マーケティング企画部担当課長    
文=小宮山 学 日本リサーチセンター 管理本部 コーポレート・リレーション部 エースの会事務局長(チームリーダー) 兼 営業企画本部:新価値創造プロジ
文=押野健史 東京商工リサーチ情報本部   拡大画像表示  国内ビール大手5社の2015年のビール系飲料(ビール・発
文=五十嵐貴宏 富国生命(相) リスク管理統括部審査グループ 主任調査役   拡大画像表示  すでに国内5万店を超えるコンビニエ
文=牛木麻衣子 インテージ パネル事業本部 リテールサービス部    業態の垣根を越えた競争が激しくなっている。生鮮食品の販売を強化す
文=青柳靖元 JC総研 経営相談部 主任研究員   拡大画像表示  JC総研では、2008年以降、「
文=榎本裕洋 丸紅経済研究所 シニア・アナリスト    ここ数年、東京で暮らしていて気になるのが「牛カツ」専門店の増加である