ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2018年2月21日

【トライアル】
RFIDで自動精算、パナソニックと実証実験を開始

 ディスカウントストア運営のトライアルカンパニー(福岡市)とパナソニックスマートファクトリーソリューションズ(大阪府門真市)は2月19日、RFID(無線自動認識)技術を使った自動精算システムの実証実験を始めた。

 

 トライアル本社敷地内の実験店舗「トライアル ラボ店」で始めた今回の実証実験では、商品に貼付されたRFIDタグを客が会計レーンに通すことで自動的に精算するシステムを使う。プリペイドカードなどの情報を事前にスキャンすることで、商品読み取り後にそのまま会計が終了する。会計時間の大幅な短縮と店員作業の削減を期待できる。

 

 トライアルは、客が買い物をしながら商品のバーコードを読み取り、ショッピングカートに装着されたタブレットで決済する「スマートレジカート」を開発、2月14日にオープンした「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」(福岡市)に導入した。

 

フラッシュニュース〈経営〉

Special topics