ウェザーニューズ、製造業・小売業向けに気象データセットを販売

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ウェザーニュースが製造業、小売業向けに販売する気象データセット
1キロメートル区画の天気や気温、降水量などの予測データをまとめて提供する

 ウェザーニューズは、製造業や小売業向けに商品の需要予測やデータ分析に活用できる気象データセットの販売を始めた。天気や気温、降水量など商品の売れ行きに影響があるデータを1キロメートルの区画ごとに提供する。

 同社は、約5万店の大手コンビニエンスストアに気象データを提供しているが、近年は食品メーカーやスーパーマーケット、ドラッグストアなどでも気象データに対するニーズが高まっていることから、データセットの販売を始めた。

 データセットはクラウドサービスとして提供する。利用する製造業や小売業は、クラウド上の気象データを自社のシステムとAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)で連携させ、商品の需要予測や来店客予測などに活用することができる。

 データセットは、天気、気温、降水量のほか風向、風速、気圧、湿度など1時間ごと、1日ごとの気象予測で構成される。12月末までの期間限定で、6カ月分のデータを無償で提供するという。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media