ピーシーデポ、車両型店舗の開発に着手、来夏導入予定

2020/12/18 11:01
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ピーシーデポが開発に着手する車両型店舗のイメージ
自動車に連結して移動する「けん引型」と、商用車を改造した「一体型」の開発を構想している

 パソコン専門店「PCデポ」を展開するピーシーデポコーポレーションは12月17日、車両型店舗「Connected Mobile Store(コネクテッド・モバイル・ストア)」(仮称)の開発に着手したと発表した。2021年夏の導入を予定する。

 自宅にデジタル環境が整っていない人のために、車両型店舗でテレワークやオンライン授業に参加したり、動画の撮影・編集をしたりできるようにする。デジタル活用全般について従業員が相談に応じるほか、デジタル機器の修理なども受け付ける。

 ピーシーデポには、デジタル機器に詳しい従業員「デジタルライフプランナー」が顧客の相談に応じる会員制度がある。車両型店舗の利用も会員制にする予定で、入会金5000円のほか、月ごとに課金するサブスクリプション(定額課金)制を想定している。

 車両型店舗については、トレーラーハウスのように自動車に連結して移動するけん引型と、商用車を改造した一体型の開発を構想している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media