ディスカウント激戦区であえて高質路線 オークワ新店「メッサオークワ岩出店」の売場づくりとは

植芝 千景 (ダイヤモンド・チェーンストア 編集者)
Pocket

オークワ(和歌山県/大桑弘嗣社長)は10月28日、和歌山県岩出市に「メッサオークワ岩出店」をオープンした。高質スーパーマーケットの「メッサ」業態としては7店舗目となる。開店初日の売場の様子をレポートする。

メッサオークワ岩出店
「メッサオークワ岩出店」の外観。

めざすのは遠方客からリピートしてもらえる“程よい高級感”

 メッサオークワ岩出店はJR「岩出」駅から北西に1km、岩出バイパス沿いのショッピングセンター「フォレストモール」の一角に位置する。2020年9月に閉店した「オークワミレニアシティ岩出」跡地だ。周辺は、和歌山市や大阪府下のベッドタウンとして発展してきたエリアで、半径3キロ圏内には1万9400世帯、4万4900人が住んでいる。

 近隣には「ザ・ロウズ岩出北店」「NEX岩出中迫店」「イズミヤスーパーセンター紀伊川辺店」などのディスカウントストアが出店している価格競争を余儀なくされる環境ではあるが、高質スーパーマーケットとしてメッサ岩出店は価格競争に参入するのではなく、競合他店にはないほどよく高質な商品を取り扱うことで差別化を図るとともに、比較的広域からの集客をめざす。

PB「オークワプレミアム」の新商品を開発

 岩出店の出店にあたってまず取り組んだのは、プライベートブランド(PB)商品「オークワプレミアム」の新商品開発だ。「オーガニックエクストラバージンオリーブオイル」や「伊勢志摩海苔」などを新たに発表したが、目玉は、県下で人気を誇る、岩出市のフランス料理店「ビストロ・ムッシュ」の小谷壮彦シェフと共同開発したドレッシング。トマト・にんじん・和風(各298円)と、柚子(378円)の4種を揃える。

メッサオークワ岩出店 オリジナルドレッシング
ドレッシングは専用の棚で販売。

店内調理品にも注力

 店内調理品にも力を入れる。今年3月にオープンしたばかりの「オークワ中津川中村店」(岐阜県中津川市)で新規導入し好評を博した、店内で生地から作る食パンやベーグルも販売する。メッサ業態では初の試みだ。

 総菜には、既存店舗で人気の「シェフ監修」の弁当「ふわトロ卵のオムライス」(398円)、「国産牛ステーキ中」(598円)のほか、新アイテムとして、先述のオリジナルドレッシングを使用したサラダ「トマト&モッツァレラ&生ハムの彩りサラダ 小」(378円)も品揃えする。

メッサオークワ岩出店「国産牛ステーキ中」(598円)


女性目線で開発した商品も続々

「女性目線」を取り入れるため、日配、お菓子、総菜、ベーカリー、ギフトの各カテゴリーで女性バイヤーを1人ずつ登用。女性の目線を意識した商品の揃えが実現したという。フルーツサンド風味フィナンシェ(458円)や、チーズをふんだんに用いた総菜「とろ~りチーズで食べるグリル野菜チキン」(398円)など、女性に好まれやすいジャンルの『ちょっといい』商品も新たに揃えた。また、陳列にも携わり、工夫を凝らした。

メッサオークワ岩出店 陳列
女性バイヤーが担当したワインの陳列棚。

 さらに、フェアトレード商品や、循環型飼料で肥育された精肉商品など、SDGs(持続可能な開発目標)を意識した商品も取り揃えるが、これも女性バイヤーからの提案によるものだという。「SDGsという付加価値を感じていただけたら」と大桑弘嗣社長は期待を込める。

メッサオークワ岩出店 紀州和歌牛
豆腐やミカンジュース、湯浅醤油を製造するときに出た副産物で育てた「紀州和歌牛」。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media