最新店舗「スーパーセンターオークワ掛川店」にみるオークワの新たなPB戦略

2020/09/16 05:55
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

和歌山県を中心に店舗を展開するオークワ(神吉康成社長)。20203月からは既存のプライベートブランド(PB)を一新し、新たに「オークワプレミアム」「オークワマルシェ」「オークワセレクト」の取り扱いを開始した。94日にオープンした最新店舗「スーパーセンターオークワ掛川店」(静岡県掛川市:以下、掛川店)から、同社の新たなPB戦略を解説する

スーパーセンターオークワ掛川店
スーパーセンターオークワ掛川店

PBや総菜などの独自商品を強化

 掛川店は、東海道新幹線「掛川」駅に接続する天竜浜名湖鉄道に乗り換え、3つめの「桜木」駅から徒歩約15分の場所に立地する。「パレマルシェ 新所原店」(静岡県湖西市)に続き、静岡県内への出店としては2店舗目だが、スーパーセンター(SuC)業態、「オークワ」の名を冠した店舗としては掛川店が初となる。

 同店では「まず静岡の人にオークワのいいところ、いい商品を知ってもらいたい」(津田悟店長)という考えから、PBや総菜を中心とした独自商品を積極的に導入し、顧客の支持を獲得したい考えだ。

 オークワは203月から3種類の新たなPBの販売を開始している。「オークワプレミアム」は産地や素材・製法においてこだわり抜いた商品で、現在49SKUを展開。「オークワマルシェ」は商品を知り尽くした各部門のバイヤーがおすすめするブランドで、現在44SKUを取り扱う。「オークワセレクト」はオークワとメーカーが共同開発した商品で、現在は酒類の3SKUのみ販売。これら3ブランドに加え、総菜では自社総菜工場の「オーデリカファクトリー」で製造したブランド「O-SOZAi214SKUも展開している。

素材や製法にこだわった総菜

 ここからは、掛川店で展開しているPBのいくつかを写真とともに紹介したい。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media