ヤマダHDとアークランドサカモト 店舗開発で業務提携し、新業態大型SCを出店

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アークランドサカモトとヤマダHDの新業態店イメージ図
延床面積約2万坪の次世代型新業態「総合生活提案型ショッピングスクエア」を2022 年度から展開する(画像はプレスリリースより)

 ヤマダホールディングスとアークランドサカモトは9月21日、店舗開発における業務提携をすると発表した。

 両社は、延床面積約2万坪の次世代型新業態「総合生活提案型ショッピングスクエア」を2022 年度から展開する。家電量販店とホームセンターの異業種がコラボレーションして商業施設を開発・運営するのは、日本初。

 今後3年間で6店舗の出店を計画。2022年に愛知県一宮市、東京都八王子市に、2023年に神奈川県平塚市、石川県野々市市、2024年に長野県須坂市、大阪府茨木市に出店する予定だ。

 新業態では、お客の生活をワクワクさせる「総合生活提案型ショッピングスクエア」をめざす。広々としたスペースに、業種を超えた専門店が集まり、プロフェッショナルな従業員が丁寧に対応。日々の暮らしをより豊かに彩るための、すべてをそろえたショッピングスクエアを展開する。

 店舗は、超大型の太陽光発電装置を設置し、地域の防災拠点として非常用自家発電装置・給水設備を備えて、サスティナブルな社会づくりにも貢献していく。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media