勢力図を塗り替える大合併!アークランド×ビバの共同記者会見で語られたこと

2020/06/13 06:55
高浦佑介(『ダイヤモンド・ホームセンター』副編集長)

6月9日、ホームセンター業界の勢力図を塗り替える大合併の発表があった。アークランドサカモト(新潟県/坂本雅俊社長)がLIXILビバ(埼玉県/渡邉修社長)を買収し、完全子会社にすると発表した。まさに「小が大を食う」買収劇。各社にどのようなねらいがあるのか、アークランドとLIXILビバの共同記者会見の内容をまとめた。

ビバ渡邉社長、アークランド坂本会長
共同記者会見に臨むアークランドサカモト坂本会長(右)とLIXILビバ渡邉社長(左)

1085億円で買収
4年で借金は返せる

アークランドサカモト会長 坂本勝司氏

 アークランドサカモトは1990年に創業、HCの「ムサシ」を中心に、卸売業、外食、不動産など、14の子会社、6つの関連会社を持つ。

 2000年以降はHC業界の成長は横ばい、GMS、ドラッグストア、インテリア、家具専門店、オンラインなど他業種との競合が激しくなっている。

 その中で、当社はLIXILビバと長年の取引関係にあり、前から興味を持っていた。一緒になることで多くのシナジーを発揮し、両社がより一層成長できると思い、本取引に至った。

アークランドサカモト取締役管理本部長 志田 光明氏

 本取引の内容について。アークランドサカモトはLIXILビバを公開買い付け、株式併合によるスクイーズアウトを実施する。LIXILグループ以外の少数株主の株式を取得し、その後、LIXILビバがLIXILグループから自己株取得することにより、弊社がビバを完全子会社化する。公開買い付け価格は2600円、自己株取得価格は2423円。取得価格の合計は1085億円。

 アークランドサカモトは売上高1127億円で業界11位、LIXILビバは1969億円で6位だった。一緒になることで3096億円となり、業界第5位となる。

 両社は店舗の地域的重複がない。これからはリージョナルではなくナショナルチェーンとして業界のリーディングカンパニーをめざす。

 小が大を飲む買収だが、両社ともキャッシュリッチだからこそできた。アークランドは無借金経営。4年程度で借金を返済できると考えている。

 対等の精神に基づき2021年度中をめどにホールディング体制に移行する。

 さらなるアライアンスも検討していく。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media