緊急事態宣言再発令の中、主な食品スーパーの取り組みは!?

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

夜の都内
対象の都県では、夜8時以降の不要不急の外出自粛も促されている。(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は7日、東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県に対し、緊急事態宣言の発令を決めた。期間は1月8日~2月7日の1か月間の予定となる。昨春と異なり、感染拡大の要因に挙げられている飲食業の時短営業が中心となる。主要な食品スーパーの取り組みは以下のとおり。Googleマップを活用した混雑状況の把握を促すなどの対応も目立つ。今後、発令地域が増加されることも見込まれるため、各店、地域の状況に応じて動きがありそうだ。(1月13日12時 時点)

■ライフコーポレーション
首都圏店舗の特売チラシ自粛期間を1月9日(土)から1月11日(月)までとしていたが、1月15日(金)まで延長した。現時点で時短営業は行っていない。また、近畿2府1県(大阪・京都・兵庫県)を対象とした緊急事態宣言の発出が見込まれることから、1月16日(土)号の近畿圏店舗の折込チラシを自粛する。近畿圏全157店舗が対象となる。

■オーケー
全店舗で休業の予定はなし。21時半までの営業店舗は当面の間、21時までの営業とする。また、一部商品で品切れ、品薄が出ており、必要な分だけの買い物を促している。
https://ok-corporation.jp/news/entry-984.html

■ヤオコー
一部店舗で時短営業を実施する。埼玉県では「ららぽーと富士見店」が1/11(月)から当面の間、通常22時閉店を20時閉店へ変更。「浦和パルコ店」が1/8(金)から当面の間、通常21時閉店を20時閉店へ変更する。また、千葉県「新浦安店」も1/8(金)から当面の間、通常21時45分閉店を20時閉店へ変更する。

■サミット
1都3県のチラシの新聞への折込み取りやめ期間を延長。

■ベイシア
マスク・消毒衛生関連商品・その他一部商品で供給の遅れが発生しており、必要な分だけの買い物を促している。また、状況により営業時間の変更や休業を行う可能性があると案内。

■いなげや
客が集中する恐れのあるセールを自粛。(日替わり品・タイムサービスなど)

■東急ストア
関東の一部店舗にて時短営業を実施する。各店舗の営業時間は以下のWEBサイトから確認できる。
(東急ストアのWEBサイトへ遷移します)
https://www.tokyu-store.co.jp/Portals/0/PDF/index/2020.eigyo3.pdf

■ヨーク
1月13日から新聞折り込みチラシは取りやめ、一部店舗を除き閉店を21時とする。東京22店、千葉26店、埼玉22店、神奈川30店のヨークフーズ、ヨークマート、ヨークプライス、コンフォートマーケットが対象。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media