都市部立地にプロ向け小型店をオープン!カジュアルウエア、安全関連商品も強化

2019/03/01 00:00
ダイヤモンド・チェーンストア編集部 構成=森本守人(サテライトスコープ)

Case Study:コーナンPRO ワーク&ツール本庄西店

コーナン商事(大阪府/疋田直太郎社長)は、プロ市場の深耕を進めている。その中、ドミナントエリアの強化、また都市部での出店をねらい、力を入れる戦略フォーマットが「コーナンPRO ワーク&ツール」である。その最新店となる本庄西店に足を運び、店づくり、品揃えの工夫、取り組みをレポートする。

キタから近い都市部立地

 コーナン商事が初めて出したプロショップは、2001年の「コーナンPRO 東淀川菅原店」(大阪府大阪市)。プロの需要に応える品揃え、サービスを追求した店づくりにより多くの利用者獲得に成功した。

 以来、徐々に出店を進めると同時に、出店範囲も拡大した。08年に東海、11年東北、12年関東といったように、新たなエリアにも積極的に進出。直近の19年2月期末現在、プロショップは71店を数える。

 このうちドミナントエリア強化のために活用するフォーマットが、小型店の「コーナンPRO ワーク&ツール」で、現在単独店2店、併設店2店の4店がある。併設店では12年8月出店の1号店の東大阪菱江店とその次の茨木店、単独店では茅ヶ崎店(神奈川県茅ヶ崎市)と徐々に店数を増やしてきた。

 最新店は、18年11月7日にオープンの「コーナンPROワーク&ツール本庄西店」である。売場面積は約1000㎡未満(約300坪)。

店舗外観
2018年11月にオープンしたコーナン商事の「コーナンPRO ワーク&ツール本庄西店」。初めて都市部立地にチャレンジした
八坂健一郎氏  店長森慎治氏
左:PRO営業部 PRO業態開発グループ マネージャー 八坂健一郎氏/右:ワーク&ツール 本庄西店 店長森慎治氏

 今回、最も注目すべきは立地で、JR大阪駅から直線距離で北東1・5㎞の場所にある。大阪駅周辺はキタと呼ばれ、企業のオフィスや百貨店はじめ商業施設が集中。ミナミとともに大阪を代表する繁華街として知られる。つまりコーナン商事がワーク&ツールの出店先として、初めて都市部立地にチャレンジしたのが本庄西店というわけだ。

 同フォーマットの開発から携わる、PRO営業部PRO業態開発グループの八坂健一郎マネージャーは「今後、出店余地のある都市部でも活用できるよう、新しいスタイルのフォーマットを確立したい。結果が出れば、関西だけでなく、その他職人の多い地域でもプロショップを広げることができる」と意気込みを見せる。

 さてコーナン商事では現在、19年2月期を初年度とし3年間を期間とする第二次中期経営計画に取り組んでいる。それによれば期間中、50店の新規出店を行う方針。19年2月期は、従来と比べ約2倍の水準となる22店。うちプロショップは半数の11店で、同社がプロマーケットを重視していることがわかる。

 実際、同社のプロ事業は好調に推移する。ここ数年、毎年対前期比10%前後で推移。19年2月期は台風はじめ災害による需要増があったこともあり、全店ベースで対前期比2ケタ増での着地を見込む。

 PRO営業部の林典秀部長(執行役員)は「訪日外国人観光客の増加に伴う、ホテル、民泊需要の拡大、また、20年の東京オリンピック、25年の大阪万博などを背景に、今後もプロ市場は開拓余地が大きいとみている」と話す。

視認性の高い各売場

 コーナン商事が展開する小型プロショップフォーマット「ワーク&ツール」として、初めて都市部立地にチャレンジした本庄西店。どのような店づくり、品揃えにより、集客を図っているのだろうか、その取り組みの実際を紹介する。

 立地とともに、本庄西店を大きく特徴づけるのは、コーナンPROとしては初めての2層吹き抜けを採用していることだ。八坂マネージャーは「都市部にあるため、坪当たりの賃料は郊外立地と比較し倍以上。そのため2階建てにすることで、売場面積に対して賃料を従来並に抑えるねらいがあった」と明かす。

2層、吹き抜け構造
初めて2層、吹き抜け構造を採用。さらに商品カテゴリーを記した表示物を随所に配し、各売場の視認性を高めた。1階からは需要の高い水道用品売場の表示が見える
2層、吹き抜け構造を採用
初めて2層、吹き抜け構造を採用。さらに商品カテゴリーを記した表示物を随所に配し、各売場の視認性を高めた。1階からは需要の高い水道用品売場の表示が見える

 ただ売場が2層となると、お客はどの商品がどこにあるのかを把握しづらくなる。この問題を解消するため、取り入れたのが吹き抜け構造。さらに随所で、商品カテゴリーを大きく記した表示を配置することで各売場の視認性を高めた。入口すぐの場所からは、「建築金物」「電設資材」「接着剤・塗料」といった文字が自然と目に入ってくる。また天井も高く、開放感も感じられる。

 その上で、来店客が買い回りしやすい売場配置、品揃えを行った。入口から奥へと伸びる主通路周辺には、お買い得商品のほか、ドライバー、レンチ、ペンチはじめ購買頻度の高い商品の売場を集積、利便性を高めている。

 主通路の左側には、工具売場を配置。小型店ではあるが、電動工具については、マキタをはじめ、職人からの支持が強いメーカーの製品を多く取り揃える。「小型店でも、プロがこだわる商品については、大型店に負けない品揃えをしている」(八坂マネージャー)。

購買頻度の高い商品
入口から奥へと伸びる主通路にはお買い得商品のほか、ドライバー、レンチ、ペンチはじめ購買頻度の高い商品の売場を集積、利便性を高めている
電動工具
電動工具については、マキタをはじめ職人からの支持が強いメーカーの製品を多く取り揃える

 一方、主通路の右側には、入口に近い順に接着用品、塗料用品、建築金物の売場を構えている。高さ2400㎜のゴンドラを採用することで、常時多様な商品を陳列。コンパクトな店ではあるが、品揃えについては、総じて好評を得ている。

 脚立やアルミ材などの売場も1階にある。吹き抜け構造であるため、規模の小さい店舗であっても、店内に長尺商品を置けるメリットは大きい。

 ゴンドラエンドや通路沿いの目立つ場所では、高機能でデザイン性のよい商品を露出している。高単価な商品をアピールすることで、売上向上をめざす取り組みでもある。

次ページは
計画に対する成果は?

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media