都市部立地にプロ向け小型店をオープン!カジュアルウエア、安全関連商品も強化

2019/03/01 00:00
ダイヤモンド・チェーンストア編集部 構成=森本守人(サテライトスコープ)

計画比3割増と好調に推移

 2階には、作業衣料や電設資材、水道用品の売場を設ける。「購買頻度の高い商品群は1階、2階には目的来店性の高いカテゴリーを上げた。じっくり時間をかけ、選んでもらえる買物環境を意識した」(八坂マネージャー)。

 2階すぐの場所にある作業衣料売場では、トレンドとなっているデザイン性の高いカジュアルな衣料、またアンダーウエアも多く扱う。隣接する壁際の安全靴売場では、カラフルでファッション性の高い商品を豊富に陳列。また女性向けシューズもコーナーを設けるなど、選択しやすい売場づくりを行っていた。

 近年、作業の安全性や危険防止といった観点が重視されつつあるのを受け、関連商品を強化。飛散物から目を防御するメガネのほか、高所作業時の落下から身を守る安全帯といったカテゴリー、商品群については、とくに売場を拡大していた。

カラフルでファッション性の高い商品
安全靴売場では、カラフルでファッション性の高い商品を豊富に陳列。また女性向けシューズもコーナーを設けるなど、選択しやすい売場づくりを行っていた
安全関連商品
安全関連商品を強化している。写真は、落下から作業者を守る安全帯

 2階の奥には、電設資材、また水道用品の売場がある。いずれも需要の高いカテゴリーであるため、この配置には反対意見もあったが、最終的に現状の位置に落ち着いた。1階からこれらの売場の表示が見えるようにしたこともあり、来店客は迷うことなく売場を利用しているという。

 

売場
2階奥の場所に電設関連の売場を配置。目的来店性の高い売場であるため、来店客は迷うことなく利用しているという

 品揃え、売場づくりの取り組みの一方、都市部フォーマットとして、効率的な店舗運営も工夫する。1つはレジの集中化である。これまで出した2層の店舗では1、2階ともにレジを設けていたが、本庄西店では入口すぐの場所に集約することで精算にかかる人時を低減している。

 売場では頻度品についてはフェースを広げて陳列、補充頻度を最低限に抑えている。また積込作業が発生する木材などの資材は扱っていない。これらの取り組みにより本庄西店はオープン後、好調だ。直近までの売上実績は計画比3割増の水準で推移している。同店の森慎治店長は「ワーク&ツールのフラッグシップ店となれるよう、お客さまの満足度を高める店舗運営に努力したい」と話す。

 コーナン商事では、このプロ向けフォーマットに磨きをかける方針で八坂マネージャーは「100~200坪といったさらにコンパクトなサイズにもチャレンジ、ドミナント強化に活用していきたい」と話している。

 今後、都市部ではコーナン商事のプロ向け小型店の存在感が増すかもしれない。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media