コーナン商事 自家消費型太陽光発電設備を導入

Pocket

コーナン大東新田店(左)とーコーナン新居浜店(右)の屋上に設置された太陽光発電パネル
店舗建物屋上に自家消費型太陽光発電設備を設置し、発電した電力を自家消費する。(写真はプレスリリースより)

 コーナン商事は2月10日、伊藤忠エネクスが提供する自家消費型太陽光発電設備をホームセンターコーナン大東新田店(大阪府大東市)・新居浜店(愛媛県新居浜市)の2店舗に導入した。

 店舗建物屋上に自家消費型太陽光発電設備を設置し、発電した電力を自家消費する。再生可能エネルギーのCO2フリー電力を自家消費することにより、CO2排出量の低減につなげる。今回の導入により、2店舗合計で導入前に比べ、CO2排出量は年間で約327トンの削減となる見込みだ。

記事執筆者

株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室では、日々の流通・小売業関連のニュースを配信するほか、メールニュースなどを通じてDCSオンラインユーザー様とのコミュニケーションを行っております。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態