ファミマ、チルド弁当を刷新、具材とご飯を分けた新商品も

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

刷新したファミマのチルド弁当
チルド弁当は賞味期限が通常の弁当により約3〜5倍長く、廃棄ロスを減らせる

 ファミリーマートはチルド温度帯(10℃以下)で配送・販売する「チルド弁当」を刷新した。具材の調理方法や炊飯工程を見直してリニューアルした商品3種類と新商品2種類を、11月30日から全国のファミリーマートで順次発売する。

 定番商品の「ロースかつ丼」(税込550円)、「親子丼」(450円)、「麻婆豆腐丼」(430円)は、製法、食材、味付けなどを見直した。また、ご飯と具材を別々に盛り付けた新商品として「炙り焼チキンステーキ弁当」(598円)と「ビーフシチュー」(550円)を発売、今後も新商品を投入する予定だ。

 チルド弁当では、チルド温度帯で配送・販売を管理することによって常温度帯では使用が難しい食材を使えるほか、賞味期限が通常の弁当により約3〜5倍長く、廃棄ロスを減らせる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media