高品質で低価格、PB化粧品のイメージを変えるトップバリュセレクト「グラマティカル」 開発責任者に聞くこだわりと強みとは

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

イオングループのプライベートブランド(PB)の一つ「トップバリュ セレクト」に、有名化粧品ブランドにも引けを取らないこだわりと原料で作られたスキンケアシリーズがあることをご存知だろうか。多くの人が持つPB化粧品へのイメージを覆す「GLAMATICAL(以下、グラマティカル)」の開発秘話を、イオントップバリュ(千葉県/柴田英二社長)商品開発本部H&BC商品部マネージャーの田上里輪氏に聞いた。

開発責任者こだわりの「原液シリーズ」

 グラマティカルは2014年9月に誕生した「年齢にゆらがないしなやかな強さのある肌」をめざしたブランドだ。現在に至るまで化粧水、乳液などの基礎化粧品から、美白化粧品、エイジングケア化粧品など多くを発売してきたが、中でも2015年3月に発売された「原液シリーズ」は、開発責任者である田上氏が社内の反対を振り切って発売までこぎつけたこだわりのアイテムだ。

 田上氏は、メディカルコスメのパイオニア、ドクターシーラボ(東京都/黒木昭彦社長)でも人気商品の開発を行っていた経歴を持ち、自らを「原料マニア」と称するほど化粧品原料へのこだわりが強い人物。そんな田上氏が、「メーカーでは実現できない、もっと手頃な価格で実感のある、究極のスキンケアを」との思いで世に送り出したのが、前述の「原液シリーズ」だ。

 では、「原液シリーズ」とは何なのか。たとえば、美容液として販売されている商品には、ビタミンC、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、数多くの成分が少量ずつ配合されているのが通常だ。対して原液化粧品は、上記の成分をそれぞれ単一の商品として販売するもの。それぞれ別の効能を持つ成分を、集中的に高濃度で使用することで、年代や個人の肌質に合わせたピンポイントでのスキンケアが可能になる。これをシリーズ化し、現在10アイテムとなったのが、グラマティカルの「原液シリーズ」だ。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media