カテゴリー全体を活性化する新商品の開発に期待、注目商品ピックアップ=2020年秋冬 注目マーケティングトレンド

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

2020年秋冬マーケットトレンド

トレンドの先取りやユーザーニーズに対応した新商品は、カテゴリーを活性化し、売場の鮮度アップを図る重要な役割といえる。2020年春は新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で新商品が少なかったようだ。秋冬に向けては例年通り、新商品が投入されることが予想されるが、今回は春夏の注目の新商品・リニューアル商品と秋冬商品の一部を紹介する。

【新コンセプト】新しい食シーンの拡大や簡便性訴求でファンを取り込む

ニッポンハム「シャウBACORON」、「袋のままできるオムライス」、明治「明治スキンケアヨーグルト素肌のミカタ」

 機能や味わい、食感などこれまでにない新コンセプトの商品が次々に発売されている。ニッポンハムは、シャウエッセンのお肉でつくったソーセージスライスの「シャウBACORON(ベーコロン)」を発売。シャウエッセンならではの豚肉のあらびき感や旨みが楽しめる商品で、ベーコンのように野菜に巻くなど、さまざまな食べ方を提案している。2月の発売から想定通りベーコンのような食べ方が広がり、好調に推移。5月には朝食などで使いやすい少量サイズの「3連」を、7月には好みの形にカットできる「ブロックタイプ」をラインアップした。ソーセージスライスだがベーコンのような形状にすることで、食シーンを広げることに成功している。

 またニッポンハムでは、オムライスを電子レンジで簡単につくれる時短・簡便の「袋のままできるオムライス」を春に発売した。オムライスは子供に人気のメニューだが、「卵でご飯をうまく包めない」「卵がふわふわにならない」など不満や苦手意識を持っている人が多いことから同社では、溶き卵を袋に入れて電子レンジで加熱するだけで、簡単にオムライスをつくることができる商品を開発した。火を使わないので子供と一緒に料理ができると好評。また常温商品なので、家庭でのストックとしても最適だ。

 一方、飲むことで紫外線から肌を守る、という新コンセプトの商品が、明治の「明治スキンケアヨーグルト素肌のミカタ」(機能性表示食品)。同商品には、SC-2乳酸菌、コラーゲンペプチド、スフィンゴミエリンの3つの成分を配合。紫外線刺激から肌を保護するのを助ける機能と、肌の潤いを保ち肌の乾燥を緩和する機能の2つの機能が確認されている。紫外線対策に関心のある20 ~ 60代の女性を取り込む。ヨーグルトの新たな価値を提案することで、ヨーグルト市場のさらなる活性化を図っていく。

パリパリ新食感で若年層のユーザーを獲得

不二家「98gホームパイのみみ7パック」、亀田製菓「玄米ちっぷパリッカハーブソルト味」

 不二家の「98gホームパイのみみ7パック」は、「ホームパイのはしっこが一番おいしい」というユーザーの声を受けて商品化されたものだ。もともと同社では、18年に発売50周年を迎えたロングセラーブランド「ホームパイ」の新規ユーザー獲得を目的に、同年11月に一部コンビニエンスストアで「40gホームパイのみみ」を先行発売。その大ヒットを受けて、19年3月に同商品を全国発売してきた。今回、巣ごもり需要が増加する中でさらなるファン拡大を図るべく、20年7月21日に「98gホームパイのみみ7パック」を発売する。こだわりのバターと自家製の発酵種を組み合わせた生地を薄くカットして焼き上げた後、仕上げに砂糖をふりかけたカリカリで甘いスナックのような食感が特徴だ。

 発売日に合わせて、みみのキャラクター「イパムーホ」のシュールキャラを活かした動画やWEB漫画を展開していく。8月1日の「パイの日」に合わせて、SNSを使ったコミュニケーションも行っていく予定だ。

 同社では若年層に対して「ホームパイのみみ」を「ホームパイ」ブランドの入口商品と位置づけ、ファンを増やしていく考えだ。

 同様に若年層を取り込むことを目的に、香りや食感にこだわった新商品が亀田製菓の「玄米ちっぷパリッカ ハーブソルト味」。独自製法で、パリッと軽くて香ばしい玄米ちっぷで、女性がつまんでひとくちで食べられるサイズに仕上げた。オレガノやタイム、セロリシードの3種のハーブをブレンドしたハーブソルト味で、袋を開けた瞬間からハーブの香りが広がる。1個包装あたり46Kcalとカロリー低めなので罪悪感なく食べられる。同社では将来の米菓ユーザーである30 ~ 40代女性の獲得をめざしている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media