ダイソー、ディズニーキャラクター商品97種を発売、今年で第4弾

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ダイソーのディズニーキャラクター商品
「ミッキー&ミニー」と「ピクサー」のキャラクターを使った生活雑貨、ファッション雑貨を展開する

 100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)は2月15日、オリジナルのディズニーキャラクター商品「ディズニーデザインコレクション」を発売した。2019年からスタートした企画で、今年で第4弾となる。

 2022年は、「ミッキー&ミニー」のキャラクターを使った「Bloom Flowers」シリーズと、「ピクサー」のキャラクターを使った「Mixing Coloration」の2つの企画で、計97種を展開する。全国のダイソーのほか、3月1日からはダイソーネットストアでも取り扱う。

 商品例は、「ミッキー&ミニー」のクッションカバー3種(税別100円)、トートバッグ(200円)、仕切りトートバッグ(300円)、「ピクサー」の掛け時計(500円)、ノンアルコールウェットティッシュ2種(100円)など。

 また、300円ショップの「THREEPPY」「CouCou」「Plus Heart」では2月19日から、「トイ・ストーリー」シリーズのキャラクターを使った収納ボックスやマットレス、食器類など全44種を順次発売する。

 300円ショップの各ブランドは、これまでもディズニーキャラクター企画を展開しているが、「トイ・ストーリー」は今回が初めて。価格は収納ボックスの5.5Lサイズが300円、12.5Lサイズが500円、スクエア収納ボックス(取っ手付き、25L)が700円など。

 大創産業は2021年2月期末で国内3620店舗、海外2272店舗を展開、売上高は5262億円だった。

ダイソーのディズニーピクサーのキャラクター商品
300円ショップの「THREEPPY」などでは、「トイ・ストーリー」シリーズのキャラクター商品を順次発売する

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media