大創産業(ダイソー)

1万店・1兆円を目指し、新業態を開発

100円ショップ「DAISO」を主力フォーマットに、国内で4000店舗超、海外で約2300店を展開する(いずれも2022年2月末の「ダイソー」事業の店舗数)。22年2月期の売上高は5493億円だったが、22年に創業50周年という節目を迎え、「店舗数1万店・売上高1兆円」の目標を掲げている。

この目標に向けて、多様化する消費者のニーズや嗜好に対応するため、新業態の開発にも動いている。18年に300円ショップ「THREEPPY(スリーピー)」を立ち上げた。メーンターゲットに据えた若い女性に向け、かわいらしいデザイン・色づかいの雑貨を中心に販売して、顧客層の拡大を図る。

また、「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトに、 “新たなスタンダード”を提案する新業態「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」を開発した。汎用性の高いシックで落ち着いたデザインの商品を、生活雑貨に特化して展開。また、国産の間伐材を加工した箸など、社会課題の解決を図る商品や日本各地の伝統工芸品を提案。それらをリーズナブルな価格帯で販売するという斬新さが大きな注目を浴びている。

DAISO Standard Products THREEPPY マロニエゲート銀座店

© 2023 by Diamond Retail Media