10兆円を射程に、2020年度の国内ドラッグストア市場規模は8兆363億円!

『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌編集長 小木田泰弘
Pocket

日本チェーンドラッグストア協会(東京都)が取りまとめた『2020年度版業界推計 日本のドラッグストア実態調査(速報版)』によると、2020年度のドラッグストア(DgS)の全国売上高(推定値)は対前年度比4.6%増の8兆363億円だった。全国売上高(推定値)がとうとう8兆円を超えた。

istock/Wavebreakmedia

コロナ禍で「ホームケア」が大きく伸長

 日本チェーンドラッグストア協会は『2020年度版業界推計 日本のドラッグストア実態調査(速報版)』を取りまとめた。それによると、20年度のDgSの全国売上高(推定値)は対前年度比4.6%増の8兆363億円となった。15年度は1.1%増、16年度は5.9%増、17年度は5.5%増、18年度は6.2%増、19年度は5.7%増であり、16年度から5年連続で4%超の成長を続けている。

 『2020年度版業界推計 日本のドラッグストア実態調査(速報版)』の調査対象の企業数と店舗数は388社2万1284店舗。19年度調査と比べると、企業数は13社減、店舗数は653店舗増えている。『日本のドラッグストア実態調査』は2000年度からスタート。調査対象企業数が最多だったのは04年度の671社で、05年度以降は一貫して減少している。一方、店舗数は増え続けている。調査開始の00年度に1万1787店舗あった店舗数は、15年度には1万8000店舗を突破。18年度は2万店舗も突破し、20年度は2万1284店舗となった。1店舗当たり売上高は12年度から減少傾向が続いていたが、16年度からプラスに転じ、20年度は3億7757万円で過去最高を更新した。

 店舗面積については、有効回答176社1万9105店舗の集計では「150坪以上300坪未満」が全体の45.2%を占め、「60坪以上150坪未満」18.6%、「300坪以上」17.1%、「30坪未満」10.3%、「30坪以上60坪未満」8.8%と続く。

 商品別売上高構成比は、「調剤・ヘルスケア」が31.5%(2兆5338億円:対前年度比5.7%増)、「ビューティケア」が19.4%(1兆5603億円:同0.4%減)、「ホームケア」が21.7%(1兆7454億円:同7.9%増)、「フーズ・その他」が27.3%(2兆1963億円:同4.4%増)となっている。19年度との比較では、「調剤・ヘルスケア」が0.3ポイント増、「ビューティケア」が1.0ポイント減、「ホームケア」が0.7ポイント増、「フーズ・その他」が0.1ポイント増となった。コロナ禍で苦戦が続く「ビューティケア」カテゴリーが構成比を減らした一方で、「調剤・ヘルスケア」「ホームケア」「フーズ・その他」の構成比が高まった格好だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media