【後編】JACDS・薬業3団体・JAHI年頭所感 日本薬業研修センター 中込和哉理事長「医薬品登録販売者の資質向上は社会の健康のカギ」

2021/01/15 05:55
「ダイヤモンド・ドラッグストア」編集部

恒例の日本チェーンドラッグストア協会(東京都:以下、JACDS)と薬業3団体による年頭所感発表が2020年12月11日、東京都港区の「メルパルク東京」で行われた。各団体代表者と日本ヘルスケア協会(東京都:JAHI)の年頭所感をお送りする。後編は第21回JAPANドラッグストアショー実行委員長の江黒太郎氏、日本医薬品登録者販売協会会長の樋口俊一氏、日本薬業研修センター理事長の中込和哉氏、日本置き薬協会代表理事の有馬純雄氏、JAHIの今西信幸氏の年頭所感を掲載する。

日本チェーンドラッグストア協会
第21回JAPANドラッグストアショー実行委員長
江黒太郎氏 年頭所感

初のオンライン開催は国内最大規模のオンライン展示会

第21回JAPANドラッグストアショー実行委員長の江黒太郎氏
第21回JAPANドラッグストアショー実行委員長の江黒太郎氏

 第21回JAPANドラッグストアショーは、初めてのオンライン開催になる。

 新型コロナウイルス感染症の収束が見えないなかでは、リアル会場での展示会開催はリスクが高いうえ、セルフメディケーションを啓発していく活動の一環としても、関係するすべての方の健康をいちばんに考え、今回はオンライン開催することにした。ほかの業界でも、ドラッグストアショーほどの規模のオンライン展示会は例がなく、今回がオンライン開催での最大規模の展示会になる。

 今年のテーマは「ドラッグストアから未来の健康社会づくり~ライフスタイルの転換期 セルフメディケーション生活実現~」。ビジネスデーは3月17~18日、一般デーは3月13~21日までの9日間で、BtoB、BtoCを並行して行う。業界関係者、業界キーパーソンと触れ合う機会をはじめ、これまで継続してきたことが、オンラインでも継続できるよう準備を進めている。オンライン会議システムの「Zoom」を利用した商談ルームや接客ルームの設置、出展社やJACDS主催によるセミナー、薬剤師セミナーなど、多彩なセミナー配信も行っていく。加えて、オンライン開催ならではの価値、メリットなどを訴えていきたい。

 全国どこからでもアクセス可能だから、より多くの方が時間、距離に関係なく参加することができる。今までの幕張会場の場合、首都圏からの参加が中心になっていたが、今回は日本全国、さらに海外からも容易に参加できる。時間、距離の制約がなくなり、オンラインの接続環境さえあれば、店長、パート、アルバイトに関係なく、業界関係者が触れ合える場にもできると期待している。

1 2 3 4 5

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media