顧客起点のバリューチェーン推進に向けたデータ分析とは

Pocket


ヤフー株式会社
データソリューション事業本部
クライアントソリューション部
フィールドセールス リーダー
新庄 匠 氏

 

検索行動データからペルソナを導き出しプロモーションに活用

 データ利活用における日本の課題は①データ関連技術の不足、②データの不足、③人材の不足がある。①と②について、ヤフー保有の検索・購買行動などさまざまなビッグデータを活用し、課題解決を支援するサービス「ヤフー・データソリューション」を紹介する。

 はじめに市場分析フェーズで行う「DS.ANALYSIS」について大豆ミートを例に説明する。Yahoo! JAPAN内で検索されたキーワード、「大豆ミート」と「SDGs」の検索データを2015年から比較すると、2019年~2020年にかけては「SDGs」以上に「大豆ミート」の検索数が伸びている。一定回数以上の当該ワード検索者を「関心層分析」で抽出し、クラスタリング手法でユーザー分類すると、例えば「子育て奮闘中ママ層」というユーザー像が浮かび上がる。

セグメントぺルソナ(子育て奮闘中ママ層)の事例
セグメントぺルソナ(子育て奮闘中ママ層)の事例

 この層は「子育て真っただ中で、簡易レシピを求めている。健康面で大豆ミートに興味を持っているが、置き換えまでには至っていない。」など、ユーザーのモチベーションが浮かび上がる。その他全体の中の構成割合や、検索行動も分かる。このように「DS.ANALYSIS」のソリューションを元に、大豆ミート商品を世の中に打ち出す際のターゲット設定やプロモーションに活かすことができる。

ヒット商品を検索データから予測する「商品トレンドマップ」

 今後、流行りそうな商品を見つけたい時に活用できる「商品トレンドマップ」について紹介する。これは食品やコスメなど商品カテゴリ別に、話題になり始めている商品、検索数が増え始めている商品を検索データから機械的に抽出、可視化できる。実際の2020年9月から2021年8月の食品カテゴリ、パン・シリアルのデータから解説する。

パン・シリアルにおける商品トレンドマップの事例
パン・シリアルにおける商品トレンドマップの事例

 横軸が検索ユーザー数で左側にいくほど検索人数が少ない。縦軸は検索の伸び率をトレンドスコアという形で定量化し、キーワード毎にデータを付与している。右上には当時ブレイクしていた「マリトッツォ」などのキーワードが表れ、左下にはこれから先のブレイク候補が見られる。トレンドマップ上でマリトッツォは2020年11月頃、マップ左下から登場し、徐々に右上にプロットされ、直近のピークアウトも可視化できる。マリトッツォに限って述べると、「商品トレンドマップ」の分析によって、ブレイクの兆しを一昨年前の年末につかむことが可能であったことが分かる。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media