米ウォルマート、自動運転車の商品配送でフォードと提携

ロイター
Pocket

ウォルマートのロゴ
9月15日、米小売り大手ウォルマート、米自動車大手フォード・モーター、自動運転新興企業アルゴAIは、フロリダ州マイアミなど米国の3都市で自動運転車による配送サービスを開始すると発表した。写真はカリフォルニア州 で昨年6月撮影(2021年 ロイター/Mario Anzuoni)

[15日 ロイター] – 米小売り大手ウォルマート、米自動車大手フォード・モーター、自動運転新興企業アルゴAIは15日、フロリダ州マイアミなど米国の3都市で自動運転車による配送サービスを開始すると発表した。

マイアミのほか、首都ワシントン、テキサス州オースティンで年内に技術連携の検証を開始する。サービス開始後は、ウォルマートのサイトで注文した食品やその他の売れ筋商品が自動運転車で顧客の自宅まで配送される。

アルゴAIのクラウドベースのシステムをウォルマートのネット注文プラットフォームと連携させ、注文の処理や商品の発送準備を行う。アルゴの自動運転技術を搭載したフォード製の自動運転試験車両が商品の配送を行う。

ウォルマートのトム・ワード上級副社長は「比類ないスピードで商品を顧客の自宅に届けるというわれわれの任務がこの提携によってさらに前進する」とコメントした。

ウォルマートは過去に、ゼネラル・モーターズ(GM)の自動運転子会社「クルーズ」と提携し、自動運転車の配送試験を実施。自動運転のスタートアップであるガティックとニューロとも自動運転車の商品配送で組んでいる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media