SNSで売り込みと募集が横行!喫緊の課題、米アマゾンの偽レビュー対策は?

「ニューズフロント」記者 小久保重信
Pocket

月刊アマゾン

米アマゾン(Amazon.com)が不正カスタマーレビューの抑制に向けた取り組みを強化している。米経済ニュース局のCNBCによると、2021年7月、アマゾンは米アップルに対し「フェイクスポット」と呼ばれる不正レビュー検出アプリをアプリ配信サービスから削除するよう要請した。こうしたアプリが人気を博す背景には、「虚偽レビュー」や「サクラレビュー」とも呼ばれる不正のまん延があると言われている。

不正レビュー検出アプリ登場も力不足

 このアプリはアマゾンの電子商取引(EC)サイトに投稿されるカスタマーレビューをAI(人工知能)で分析し、その信頼度を「A」~「F」の6段階で評価する。不正が疑われるレビューについては、信頼のおける出品者の商品を案内していた。

 だが、アマゾンによると、このアプリのレビュー分析で「信頼できない」と判断されたものは、そのおよそ8割が不正確。「顧客に誤解を与える情報を流し、出品者のビジネスに悪影響を及ぼした」と批判した。

 アップルのガイドラインでは、虚偽情報を広めたり、許可なく他社のサービスにアクセスしたりするものを禁じており、同社はこの規則に準じてフェイクスポットをアプリストアから削除したようだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media