SNSで売り込みと募集が横行!喫緊の課題、米アマゾンの偽レビュー対策は?

「ニューズフロント」記者 小久保重信
Pocket

フェイスブックではびこる取引グループ

 アマゾンでは、人的パトロールと機械学習システムで不正レビューを削除している。20年には全体の約99%に当たる2億件以上の疑わしいレビューを掲載前に削除。それらのアカウントが再び投稿できないようにする措置も講じ、関与した出品者アカウントを停止した。

 だが、それでもアマゾンのシステムをくぐり抜ける不正レビューが後を絶たない。アマゾンによると、同社の監視が届かないSNS(交流サイト)上で、レビューの書き込みを売り込んだり、書き手を募ったりするグループが数多く存在するという。アマゾンは状況を深刻に受け止め、SNS運営企業に対策を強化するよう求めている。

 21年1~3月には約1000のグループが虚偽レビュー取引に関与しているとして、各SNS企業に報告した。報告を受けたSNSがそれらをサイトから削除するのにかかった日数は平均5日。1年前の平均45日から改善が見られた。だが、アマゾンは「SNSは、我々が報告する前に発見・削除できるように十分に資源を投じるべきだ」と非難している。

 アマゾンは名指しすることは避けたものの、ここのところ問題視されている米フェイスブックのサービスではびこるレビュー取引グループを懸念しているようだ。米『ウォールストリート・ジャーナル』紙によると、好意的なレビューを書く見返りに、商品代金を払い戻すという手口が一般的。払い戻しにはオンライン決済のペイパルが使われる。また、商品に35ドル(約3800円)のギフトカードを同梱し、金銭受け取りの条件としてレビューを書いたり、五つ星をつけたりすることを義務付けているものもあるという。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media