米スターバックス、来年度利益見通しは市場に比べて強気

ロイター
Pocket

スターバックスのロゴ
10月29日、米スターバックスが発表した2021年度(今年10月-来年9月)の調整後1株利益見通しは2.70-2.90ドルで、リフィニティブのIBESに基づくアナリスト予想の2.74ドルをおおむね上回った。写真は同社のロゴ。ロサンゼルスで2018年10月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[29日 ロイター] – 米コーヒーチェーン大手スターバックスが29日発表した2021年度(今年10月-来年9月)の調整後1株利益見通しは2.70-2.90ドルで、リフィニティブのIBESに基づくアナリスト予想の2.74ドルをおおむね上回った。

新型コロナウイルスのパンデミックで当初打撃を受けた需要が戻ってきていることが背景にある。アプリで注文した商品を店舗で受け取るシステムの利用拡大が、売上高の持ち直しに貢献しているという。

第4・四半期(7-9月)の既存店ベース売上高は9%減だったが、アナリスト予想の12.13%減ほど落ち込んでいない。特殊要因を除く1株利益は0.51ドルと、アナリスト予想を0.20ドル上回った。

ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は、同社にとって最大の市場である米国と中国における回復が想定より急速だと述べた。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media