米スタバ、1─3月期は47%減益の見通し 新型コロナ響く

ロイター
Pocket

米スターバックスのロゴ
4月8日、米コーヒーチェーン大手スターバックスは、第2・四半期(1─3月)は47%減益になるとの見通しを示すとともに、2020年度通年(9月まで)の業績予想を取り下げた。3月6日、ロンドンで撮影(2020年 ロイター/Henry Nicholls)

[8日 ロイター] – 米コーヒーチェーン大手スターバックスは8日、第2・四半期(1─3月)は47%減益になるとの見通しを示すとともに、2020年度通年(9月まで)の業績予想を取り下げた。新型コロナウイルスの世界的流行による業績への悪影響は7─9月期まで続くと見込む。

同社はまた、自社株買い制度を一時的に停止し、コスト削減策を実施する方針を明らかにした。四半期配当は維持する。

第2・四半期の1株利益は0.28ドル程度に減少すると見込む。前年同期は0.53ドルだった。売上高の減少やコスト増が響くとみられる。

同社によると、米国の既存店売上高は3月12日に減少し始め、悪化の一途をたどっているという。

中国については、第2・四半期の既存店売上高が50%減少したと明らかにした。

同社は、政府が決めた新型コロナ対応の行動指針や消費者の感染への懸念に対応し、飲食エリアの閉鎖とドライブスルー方式や持ち帰り、宅配への移行を余儀なくされている。

同社は4月28日に第2・四半期の決算発表を予定している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media