独スタダ、武田薬のロシア事業など買収 6.6億ドル

2019/11/06 11:30
ロイター

独スタダ
独ジェネリック薬(後発医薬品)大手スタダは5日、武田薬品工業がロシアなどで展開する一般用医薬品事業と処方箋医薬品事業を6億6000万ドルで買収することで合意した。 フランクフルトで2017年8月撮影(2019年 ロイター/RALPH ORLOWSKI)

[5日 ロイター] – 独ジェネリック薬(後発医薬品)大手スタダは5日、武田薬品工業がロシアなどで展開する一般用医薬品(OTC)事業と処方箋医薬品事業を6億6000万ドルで買収することで合意した。

武田はアイルランドの同業シャイアー買収で膨らんだ負債を圧縮するために事業売却を進めており、今回売却する事業には、ロシアなど独立国家共同体(CIS)加盟国数カ国のほかジョージアで武田が独占的に販売する医薬品が含まれる。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media