大王製紙と丸紅、ブラジルの衛生用品メーカーを約584億円で買収

2020/02/28 10:15
ロイター

丸紅のロゴ
2月27日、大王製紙と丸紅は、ブラジルの衛生用品メーカーSantherの全株式を間接的に取得することで合意したと発表した。写真は都内で2016年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai )

[東京 27日 ロイター] – 大王製紙と丸紅は27日、ブラジルの衛生用品メーカーSantherの全株式を間接的に取得することで合意したと発表した。取得価格は約584億円。

大王が51%、丸紅が49%出資するブラジルの共同投資会社を通じて取得する。大王はきょう開催の取締役会で、Santherを大王の間接保有する子会社とすることを決議した。

大王は同時に、トルコの大手食品・消費財メーカーグループ、ユルドゥズが保有する衛生用品メーカー、ウゼンの全株式を取得し、完全子会社化するとも発表した。取得価格は約30億円。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media