学校設立も!サステナブルな農業に挑む英モリソンズの取り組みとは

リテイルライター:太田美和子
Pocket

 英国の食品小売企業上位4社を「ビッグ4」という。売上規模順に、テスコ(Tesco)、セインズベリー(Sainsbury’s)、アズダ(Asda)、モリソンズ(Morrisons)である。

 モリソンズは英国中部の都市、ブラッドフォードに本社を置き、スーパーマーケット(SM)をはじめとする食品小売店舗約500店を運営するほか、他小売企業へ食品卸を行う。2021年度売上高は175億9800万ポンド(約2兆8500億円)。企業規模は「ビッグ4」で4番目だが、生産者からの農作物の直接仕入額では最大である。現在、英国内だけでも2700戸を超す生産者と契約し直接仕入れを行う。精肉、牛乳とチェダーチーズ、鶏卵は1年を通して100%英国産を買い付けられる調達体制を築いている。

モリソンズの青果売場
生産者からの直接仕入れが多いモリソンズは、契約農家とともにサステナビリティ活動に取り組む

 モリソンズは以前から国内生産者の支援に取り組んできた。たとえば、15年10月には「フォア・ファーマーズ( For Farmers)」商品の販売を開始した。国内の生産者支援の促進を目的とする「フォア・ファーマーズ」の商品は、モリソンズのプライベートブランド(PB)商品よりもやや高い価格設定である。そして、価格上乗せぶんは全額、同社の契約農家も加盟する農業生産者団体に還元する。その金額はこれまでで計2000万ポンド(約32億4000万円)に上る。

 このほか、生産者がビジネススキルを学べる講座を無料で開催したり、大学の授業料を支援するファンドを設立したりしている。

 さて、そんなモリソンズは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media