KFC、代替肉「フライドチキン」販売へ ビヨンド・ミート製

ロイター
Pocket

米カリフォルニア州パサデナのKFC店舗
米外食大手ヤム・ブランズ傘下のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は4日、米ビヨンド・ミートが手掛ける植物由来の代替肉を使った「フライドチキン」を全米各地で10日から期間限定で販売すると発表した。写真は、米カリフォルニア州パサデナのKFC店舗。2016年7月11日に撮影。(2022年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ニューヨーク 4日 ロイター] – 米外食大手ヤム・ブランズ傘下のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は4日、米ビヨンド・ミートが手掛ける植物由来の代替肉を使った「フライドチキン」を全米各地で10日から期間限定で販売すると発表した。

ビヨンド・ミートの株価は引け後の時間外取引で7%超上昇した。

KFCは2019年8月にアトランタでビヨンド・ミートの植物由来チキンを試験的に導入し、翌年に対象地域を拡大した。

ヤム・ブランズとビヨンド・ミートは21年2月、ヤム傘下のKFC、タコベル、ピザハット向けに「向こう数年間」で植物由来代替肉メニューを考案する世界的な提携を発表した。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media