ケンタッキー、客席なしの小型ドライブスルー店舗、1号店を千葉・君津に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ケンタッキードライブスルー店舗
「KFC君津店」に客席はなく、ドライブスルーのほかテークアウトと配達代行に対応する

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は11月29日、客席を設けない“ミニドライブスルー店舗”の1号店となる「KFC君津店」(千葉県君津市)をオープンした。

 店内に客席はなく、ドライブスルーのほかテークアウトと配達代行に対応する。店舗面積、従業員数とも既存のドライブスルー店舗の7割程度で済むため、出店余地が広がる。

 KFCではテークアウトが来店客の7割を占めており、駅ナカや商業施設内ではテークアウト専門の小型店も出店している。郊外でもミニドライブスルー店舗でテークアウト需要に応える。

 コロナ禍でテークアウト・デリバリー需要が伸びるなか、日本KFCホールディングスの業績は好調に推移しており、2023年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画では129店舗の新規出店を計画している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media