健康食品市場、20年度は0.7%増、機能性表示食品が拡大をけん引

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

20年度はコロナ禍による在宅率の上昇、健康維持志向の高まりなどで、ダイエット関連やプロテインなど運動関連の商品需要が伸びた。 i-stock /VlaDee

 矢野経済研究所の調べによると、2020年度の国内の健康食品市場規模(メーカー出荷額ベース)は、前年度比0.7%増の8680億円となりそうだ。市場拡大の勢いが続く機能性表示食品が、全体をけん引している。

 19年度の健康食品市場規模は0.1%増の8623億円となったようだ。テレビや新聞での通信販売での受注が全般的に軟調だったことに加え、年度後半は新型コロナウイルスの感染拡大で訪日外国人(インバウンド)需要が激減したことも響いた。

 20年度はコロナ禍による在宅率の上昇、健康維持志向の高まりなどで、ダイエット関連やプロテインなど運動関連の商品需要が伸びた。また、ビタミンなどの基礎栄養素関連も好調に推移した。

 市場全体をけん引しているのは、拡大の勢いが続く機能性表示食品だ。19年度に13.5%増だった成長率は、20年度も11.8%増の2843億円と2ケタの増加が見込まれる。メーカーや生産者団体による届出と当局による受理件数が増え、商品点数が増加していることが市場拡大につながっている。

 今後の市場成長について矢野経済研究所では、当面は緩やかな成長か横ばいの状態が続くとみている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media