ソフトバンクG出資のOYO、19年3月通期は損失6倍超 中国進出投資かさむ

2020/02/18 16:30
ロイター

OYOの看板 印ニューデリー
2月17日、ソフトバンクグループが出資するインドのホテル運営会社OYO(オヨ)ホテルズ・アンド・ホームズが発表した2019年3月通期決算は、中国進出へ巨額投資するなか損失が6倍超に膨らんだ。写真は印ニューデリーで2019年4月撮影(2020年 ロイター/Adnan Abidi)

[ベンガルール 17日 ロイター] – ソフトバンクグループが出資するインドのホテル運営会社OYO(オヨ)ホテルズ・アンド・ホームズが発表した2019年3月通期決算は、中国進出へ巨額投資するなか損失が6倍超に膨らんだ。

オヨは国内で約2000人の人員削減を開始した。

通期連結最終損失は3億3500万ドル。情報会社トフラーのデータによると前年は約5000万ドルだった。

オヨは、19年3月末までの1年間に中国進出を積極化。中国はインドに次ぐ2位の市場となった。

「この間は中国、その他海外市場が開発・投資モードで、それが損失の75%を占めた」と説明した。ただ、インドの粗利は前年より改善したとしている。

連結売上高は9億5100万ドルだった。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media