緊急現地レポート  セブン-イレブン沖縄進出!ローソン、ファミマと真逆の商品政策の理由と勝算

2019/07/12 05:00
「ダイヤモンド・チェーンストア」副編集長 雪元史章

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京都/永松文彦社長)が7月11日、ついに沖縄県に進出した。独特な食文化を有する沖縄で、王者・セブン-イレブンはどのような商品政策(MD)を導入しているのか。オープン直後の店舗を訪れると見えてきたのは、意外な方向性のMDだった。(本文内の価格はすべて税抜、2019年7月11日時点のもの) 

13品目の地区限定商品を発売

 

セブン沖縄 外観
7月11日、セブン-イレブンは14店舗を同時オープンし、ついに沖縄県に進出した

 711日、セブンイレブンは沖縄県内に14店舗を同時オープンし、“47都道府県制覇”を果たした。そのなかで唯一の直営店であり、セブンイレブン・沖縄(久鍋研二社長)の本社下に店を構える「セブンイレブン那覇松山1丁目店」では、午前7時の開店直後から多くの周辺住民や通勤客などでにぎわい、注目度の高さをうかがわせた。

 さて、今回のセブンイレブン沖縄進出で何よりも注目すべきは、その商品政策(MD)だろう。ご存じのとおり、沖縄は本土(現地では「内地」と呼ばれる)と大きく異なる食文化を持っている。それに合わせて、先行して店舗を展開するファミリーマートやローソンでは、「沖縄そば」「ゴーヤーチャンプルー」「タコライス」といった、沖縄で慣れ親しまれているオリジナル商品が多く並んでいる。 

 セブンイレブンも同様に、沖縄での出店にあたって、沖縄ならではのメニューや、県産素材を使った地区限定商品を開発。711日時点で計13品目を投入している。代表的な商品をいくつか紹介しておこう。

 

セブン沖縄 タコライス
地区限定商品の1つ「TACORICE」。ライスと野菜が別添えになっているのが特徴

 まず、沖縄では“鉄板メニュー”の「TACORICE(タコライス)」(460円)。タコミートがのったライスと野菜類は別添えになっており、食べる際に、タコミート+ライスを温めた後に野菜を後乗せするかたち。これによって、野菜のみずみずしさが損なわれることなく、専門店に近い食感や味わいを楽しめる。

 

セブン沖縄 ファストフード
「チキン好き」の沖縄県民に向け、フライドチキンを新たに3種類導入

 さらに、沖縄ではフライドチキンがよく食べられることから、おなじみの「ナナチキ」に加えて、「ガリチキ」(178円)、「ドラム」(250円)、「サイ」(250円)の3種類を販売する。「ガリチキ」はその名の通り、ガーリックの風味を効かせた歯ごたえのある衣が特徴で、「ドラム」は薄衣仕立てで揚げた食べやすい骨付きもも肉、そしてあまり聞き慣れない「サイ」はボリュームのある腰の部分の肉を使った、旨味の強い商品だ。”チキン好き”の沖縄県民にとって、この選択肢の豊富さは大きなポイントだろう。

 

セブン沖縄 もりそば
宮古島の蕎麦を使った「もりそば」

 地元素材にこだわった商品として展開するのが、「もりそば」(400円)。日本で最も早く収穫期を迎えるとされる、宮古島産の「玄蕎麦」を使用した一品だ。一般に、沖縄で蕎麦が栽培されていることはあまり知られていないが、そうした隠れた素材を、「もりそば」という比較的オーソドックスな商品に使ってしまう点に、セブンイレブンの商品開発の巧妙さが垣間見える。

 このほか、沖縄県産のゴーヤーを使った「ゴーヤーチャンプルー丼」や、沖縄専用に開発したかつおだしを使った「じゅしーごはん」(沖縄の炊き込みご飯)など、素材にこだわった地域限定商品が揃っている。

次のページは
街頭調査でわかった沖縄県民のホンネ

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media