セブンイレブン、レジ袋5種を1枚3〜5円で販売、7月から有料化

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

セブンイレブンの有料レジ袋5種
小・中・大・弁当用を1枚3円、特大サイズを5円で販売する

 セブン-イレブン・ジャパンは6月4日、プラスチック製レジ袋の有料化が義務化されるのに合わせて、7月1日から無料配布をやめ、1枚3〜5円で販売すると発表した。販売するレジ袋は全てバイオマス素材を使用するなどした環境配慮型のものとする。

 有料化するレジ袋は、小・中・大・弁当用の4サイズを1枚3円(税別)、特大サイズを5円で販売する。

 同社はこれまで、完全循環型ペットボトルを採用したプライベートブランドの緑茶を発売したり、カウンターコーヒー「セブンカフェ」のストローを生分解性素材や紙製に切り替えたりするなど、プラスチック使用量の削減に取り組んできた。

 なお、レジ袋の販売によって得た収益は、地域の環境保全活動や環境負荷低減のための取り組みに活用する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media