写真で見る! イオンリテール初のスマートストア 「イオンスタイル川口」

大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

 イオンリテール(千葉県/井出武美社長)は6月8日、同社初の本格的なスマートストアと打ち出す「イオンスタイル川口」(埼玉県川口市)をグランドオープンする。どのような店か、写真を多数使用しレポートする。

埼玉県川口市にグランドオープンする「イオンスタイル川口」。今回建て替えオープンした商業施設「イオンモール川口」の核店舗として入居している
埼玉県川口市にグランドオープンする「イオンスタイル川口」。売場の各所にデジタルサイネージを採用し、積極的に情報を発信する

既存の安全カメラを
「AIカメラ」に活用!

 イオンスタイル川口は、埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷」駅から北西へ約1.8kmに立地する。今回建て替えオープンした商業施設「イオンモール川口」の核店舗として入居している。
 
 現在、AIカメラやデジタルサイネージなどを活用したスマートストアの開発が各社で進んでいる。そうしたなかイオンリテールも、2020年6月にグランドオープンした「イオンスタイル有明」(東京都江東区)において、デジタルを活用したさまざまな施策を実験的にスタート。それらに改良を加えて、本格導入させているのがイオンスタイル川口だ。

 具体的には、「AIカメラ」やハンディ端末「AIカカク」、シェルフサイネージなどを導入している。

 まず「AIカメラ」については、イオンスタイル川口の全3階に計149台を設置。防犯向けの「安全カメラ」を活用し、店舗ごとに新たに設置するAI搭載の映像解析マシンによってリアルタイムで情報を解析する。

既存店でも採用している防犯向けの「安全カメラ」を「AIカメラ」として活用する
既存店でも採用している防犯向けの「安全カメラ」を「AIカメラ」として活用する

“監視されている”
感じのないスマートストア

 カメラの設置台数は他社のスマートストアと比較して少ない印象だ
カメラの設置台数は他社のスマートストアと比較して少ない印象だ

 売場を見てまず印象に残るのが設置台数の少なさだ。たとえば食品フロアは、直営売場面積が3216㎡であるのに対して、その数は78台だ。AIによる画像解析の精度が高いため1台でカバーできる範囲が広く、AIカメラの設置台数が少なくて済むという。そのため、多数のカメラに監視されている感じを受けない印象だ。

レジ回りに設置されたAIカメラ
レジ回りに設置されたAIカメラ

1 2 3

記事執筆者

大宮 弓絵 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

1986年生まれ。福井県芦原温泉出身。同志社女子大学卒業後、東海地方のケーブルテレビ局でキャスターとして勤務。その後、『ダイヤモンド・チェーンストア』の編集記者に転身。最近の担当特集は、コンビニ、生協・食品EC、物流など。ウェビナーや業界イベントの司会、コーディネーターも務める。2022年より食品小売業界の優れたサステナビリティ施策を表彰する「サステナブル・リテイリング表彰」を立ち上げるなど、情報を通じて業界の活性化に貢献することをめざす。グロービス経営大学院 経営学修士

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態