第41回 五重苦の時代とソリューション型ドラッグストア(その3)

有田英明
Pocket

ルネサンスメインイメージ有田

偉大な成功をした人ほど、成功体験に埋没する。偉大な成功をした人ほど、大企業病に陥りやすい。経営トップから組織の隅々まで日々バージョンアップするのが、ソリューション型ドラッグストア(DgS)の理想像である。

物事は必ず悪くなる よいことは続かない

 DgSに出会ってから30年以上が過ぎた。この30年間を前半15年間と後半15年間に分けて考えると、業界動向が大づかみで理解できる。

 前半の15年間はラッキービジネスの時代であった。大半のDgS企業が伸長し、儲かったのである。当時の競合店は零細な薬屋であり、DgSは一方的にお客と売上と利益を奪えたのである。

 後半の15年間は淘汰の時代であった。多くのDgS企業が行き詰まり、消滅している。DgS同士の競合が本格化するなかで、MDとコストコントロールが弱いDgSから衰退したのである。

 今は二極化の時代である。生活必需品のディスカウントを主語にした「ディスカウント型DgS」と、生活必需品のディスカウントに加えて、潜在需要の生活向上品提案に取り組む「ソリューション型DgS」に二極化している。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media