第44回ワンストップショッピングの中心となる核カテゴリーの作り方

2020/11/16 05:50
有田英明

ルネサンスメインイメージ有田

核カテゴリー、準核カテゴリー、補助カテゴリーの組み合せによってワンストップショッピングを実現する。売場づくりでは強力な目的来店性を発揮する核カテゴリーが中心になる。ワンストップショッピングを補完するのが準核カテゴリーと補助カテゴリーである。

核カテゴリーの決め方

 核カテゴリーの条件は売上や利益額ではない。明確な目的来店性を発揮するのが核カテゴリーである。売上や利益額が低くても、明確な目的来店性を発揮するのが核カテゴリーである。

 核カテゴリーの決め方が以下である。第1はお客の購買行動である。

 たとえばシャンプーが売れなければヘアカラーもヘアスタイリング剤も売れない。ボディソープも入浴剤も売れない。さらにはカウンセリング化粧品も売れなくなる。したがってシャンプーは「核カテゴリー」として徹底的に強化する。

 決め方の第2はカテゴリー特性である。たとえば日本は米文化なので、米は核カテゴリーとして強化する。また米がおいしく食べられる納豆や瓶詰め商品を核カテゴリーとして強化する。

 決め方の第3は

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media