第45回 核カテゴリーがお得意さまをつくり、 ワンストップショッピングの 中心になる

有田英明
Pocket

ルネサンスメインイメージ有田

コスト削減をテーマに商品を絞り込むことは間違いではない。しかし商品の絞り込みは方法を間違えると競争力が低下する。カテゴリー強化の方法と、商品の絞り込みの技術について解説する。

核カテゴリーの強化

 競合はカテゴリー単位で発生する。したがってカテゴリーの競合店を明確にする必要がある。たとえば食品を強化しているドラッグストア(DgS)であれば、スーパーマーケットやコンビニエンスストアも競合になる。雑貨を強化しているドラッグストアであれば、ホームセンターも競合になる。

 競争力は、競合店のカテゴリーとの「相関関係」できまる。核カテゴリーは目的来店性のコンビニエンス、ディスカウント、スペシャリティの3つを持つ。したがって核カテゴリーは売場スペースの拡大が必要になる。理想は定番売場もプロモーション売場も競合店の1.5倍の広さである。

 核カテゴリーの強化では、目的来店性「コンビニエンス」の追求も重要になる。コンビニエンスの追求では以下が重要になる。

 第一は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media