最速レポート サミットストア神田スクエア店 100坪で売上7.6億円狙う売場作りに迫る!

2020/07/11 11:02
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

サミット(東京都/服部哲也社長)は7月10日、同社として初出店となる東京都千代田区に、「サミットストア神田スクエア店」(以下、神田スクエア店)をオープンした。
同店は売場面積100坪(330㎡)という超・小型店だ。スペースに制約があるなかでも、生鮮食品や出来たて総菜を可能な限り提案し、日常の食卓ニーズに応えられる店をめざしている。

7月10日にオープンした「サミットストア神田スクエア店」。写真は青果側の出入口で、店頭でも青果を販売することで生鮮品が揃う店であることをアピールする
7月10日にオープンした「サミットストア神田スクエア店」。写真は青果側の出入口で、店頭でも青果を販売することで生鮮品が揃う店であることをアピールする

住友商事開発の
オフィスビル内に出店

 神田スクエア店がオープンしたのは、都営地下鉄新宿線「小川町」駅から南西へ約300m。サミットの親会社である住友商事(東京都/兵頭誠之社長)が開発したオフィスビル「神田スクエア」の1階だ。

 サミットは、今まであまり出店できていないJR山手線内側への侵攻を強化する方針を打ち出しており、18年から都市型小型店の開発を進めてきた。18年2月開業の「江原町店」(中野区:約290坪)にはじまり、「本天沼店」(杉並区:約300坪)、「三田店」(港区:約300坪)、「鍋屋横丁店」(中野区:約280坪)を出店。神田スクエア店はなかでも最も小型の店舗となる。

 約3年前にこの物件への出店を決めた竹野浩樹会長は「出店競争の激しい都心部では300坪の物件もなかなか獲得できない。都市部を本格的に攻めるには店舗のダウンサイジングが必要と考え、思い切って100坪の店づくりに挑戦しようと考えたと」と語る。

オフィス側の出入口には総菜売場を設置。ビジネスパーソンのランチ需要を取り込む
オフィス側の出入口には総菜売場を設置。ビジネスパーソンのランチ需要を取り込む

小型店でも生鮮食品や
出来たて総菜のニーズに応える

 競合店は、店舗から1km圏内では、売場面積約370坪の「オリンピック淡路町店」以外は、「マルエツプチ」「まいばすけっと」「成城石井」といった同50坪ほどのミニスーパーしかない。
 そうしたなかサミットは、商圏内に多くの“買物難民”が存在しているとして、オフィスのビジネスパーソンだけでなく、近隣住民にも、ふだんの食卓の買物の場として利用される店をめざしているのが特徴だ。

 取締役執行役員営業企画部の岡田崇マネジャーは「近隣に買物の場がないから仕方なく使われるのではなく、生鮮食品の鮮度や総菜の出来たて感といった食品スーパーに対する期待に応え、生活のなかでメーンで利用される店をめざしている」と説明する。

1 2 3 4

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media