「サミット西荻窪駅南店」がオープン  小型店と感じさせない総菜売場がスゴイ!

2021/03/05 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵 
Pocket

 3月3日、サミット(東京都/服部哲也社長)が「サミットストア西荻窪駅南店」(東京都杉並区:以下、西荻窪駅南店)をオープンした。
 同店の売場面積は238坪で、近年サミットが積極的に出店をしている都市型小型店だ。売場面積が狭いことに加えて建物構造は2層で、服部社長が「当社で最も変則的なかたちをした店」と言うほど、店づくりのうえで制約が多い店といえる。そうしたなかサミットはこれまでの小型店開発のノウハウを生かし年商19億円を稼ぐ店づくりに挑戦している。

3月3日にオープンした「サミットストア西荻窪駅南店」
3月3日にオープンした「サミットストア西荻窪駅南店」

2層の小型店開発のノウハウを蓄積

 西荻窪駅南店は、JR中央線・総武線「西荻窪」駅南口から徒歩2分の場所にある、地上11階建て新築マンションの1・2階に入る。

 サミットは近年、売場面積約300坪の「三田店」(東京都港区:18年11月開業)や同278坪の「鍋屋横丁店」(東京都中野区:19年3月開業)など、都市型小型店でかつ2層構造の店舗の出店を重ねてきた。 

 西荻窪駅南店はこれまでの2層構造の都市型小型店のなかでも売場面積は238坪と狭小で、かつ変則的な形状をしている(下記レイアウト参照)。同店はこうした難しい物件状況でありながら、売上を最大化するべくさまざまな工夫を施しているのが特徴だ。

西荻窪駅南店のレイアウト図
西荻窪駅南店のレイアウト図

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media