最速レポート サミットストア神田スクエア店 100坪で売上7.6億円狙う売場作りに迫る!

大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

店内加工で刺身も提供
充実した生鮮食品

 生鮮3部門については、青果は231SKUを揃え、売上高構成比は15.5%と生鮮3部門のなかで最も高く設定する。近隣の居住者は単身世帯が全体の約65%を占めることから、複数個入った袋物は扱わず、キャベツや大根など大きい野菜は適量サイズを中心に提供する。

青果売場では、少量・適量サイズの品揃えをメーンにしている
青果売場では、少量・適量サイズの品揃えをメーンにしている

 鮮魚売場は170SKUを揃え、売上高構成比は8.0%を見込む。丸物もパック入りで販売するほか、即食商品を充実させて店内加工の刺身を幅広く扱う。

鮮魚売場ではパック売りの丸物も充実させている
鮮魚売場ではパック売りの丸物も充実させている
店内加工の刺身はミニスーパーと差別化を図れる商品だ
店内加工の刺身はミニスーパーと差別化を図れる商品だ

 精肉は、ほとんどの商品をアウトパック商品で供給する。取り扱いSKU数は184で、売上高構成比は10%と設定している。

精肉部門はアウトパック商品を活用することで幅広い品揃えを提供する
精肉部門はアウトパック商品を活用することで幅広い品揃えを実現している

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media