女性活躍推進の走り 「100点成長主義」で都心で堅固なスーパーチェーンをつくり上げた『後藤せき子物語』

2020/01/28 05:32
千田直哉

昭和22年(1947年)。岐阜の恵那峡から、遠縁の菓子問屋を頼りに、22歳の女性が単身、上京した。戦火に焼かれた焦土にもようやく復興の兆しが見え始めていた。女性は、それから1年で4坪の菓子屋の開店にこぎつけた。

わずか4坪の菓子店からスタートし、いまや売上200億円のスーパーマーケットチェーンに成長
わずか4坪の菓子店からスタートし、いまや売上200億円のスーパーマーケットチェーンに成長

店が小さくても勝つための方法

 場所は、東京大田区の下町、荏原中延。街には、電機関係の町工場が数多く立ち並んだ。

 東京通信工業(現:ソニー)や片岡電気(現:アルプス電気)などの創業期で日本経済は、1950年に勃発した朝鮮動乱で活気づき、ようやく茶と菓子を楽しめるだけの余裕ができていた。工場に勤める若者たちは、“町の小さなお菓子屋さん”を目指しわんさと集まり、どの店もずいぶんと繁盛した。

 儲かるところに競合が殺到するのは世の常である。数えれば、「4坪」の100メートル四方には12店舗のライバル店があった。

「立地は最悪。お店は最小」と女性は遠くを見つめながら懐かしむ。

 

 競合は激化の一途をたどっていたけれども、「4坪」の店主には夢があった。

 「地域で1番になりたい」。

 当時、ライバル視していたのは、中延駅前にでんと構える20坪の菓子店だ。経営者は、周辺の大地主だ。

 まったく歯が立たなかった。

 女性の「4坪」は1年後には、開業時の2倍の稼ぎになっていた。でも3倍にしたところで売上では「20坪」を到底超えられない。

 「どうしたら勝てるだろうか?」と女性は、いつもいつも考えた。

  たどり着いた結論は、支店の展開だ。

  「お店は小さくてもたくさんあれば、総売上では勝てる」。

  「4坪」を出してから、3年後のことだった。

 

 そこから10年のあいだに「4坪」を取り巻くようにして5つの店を開いた。従業員は1つになって遮二無二に働いた。気づけば、売上では地域最大の菓子屋になっていた。

 もうそのころには、女性が新しい店を出すことを知ると、近所の店は逃げるように撤退した。女性のお店は競合にとっては脅威となった。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media