アサヒの豪カールトン買収計画、現地競争当局が懸念

ロイター
Pocket

アサヒ
12月12日、アサヒグループホールディングスが計画する豪ビール会社の買収を巡り、現地の競争当局は、サイダー市場の競争低下につながるほか、ビール市場でも同様の状況が懸念されると指摘した。写真はアサヒのロゴ。2016年5月、都内で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[12日 ロイター] – アサヒグループホールディングスが計画する豪ビール会社カールトン・アンド・ユナイテッド・ブリュワリーズの買収を巡り、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12日、サイダー(果実を発酵させた醸造酒)市場の競争低下につながるほか、ビール市場でも同様の状況が懸念されると指摘した。

ACCCのロッド・シムズ委員長は、発表文書で「買収案では、サイダーの2大サプライヤーが極めて集中した市場で統合することになる」とし、「アサヒはサイダーとビールが同じ市場に含まれると主張しているが、われわれの予備的見解ではサイダーは別の市場だ」と語った。

ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は7月、豪子会社のカールトンをアサヒに売却することで合意したと発表した。[nL4N24K1J2]

2016年に英同業SABミラーを買収して以降、巨額の債務を抱えるABインベブは、カールトンの売却を来年第1・四半期に完了し、売却益を債務圧縮に充てる方針だが、雲行きが怪しくなってきた。

ACCCは、アサヒとカールトンが統合すればサイダーの売り上げの約3分の2を占めるとしたほか、アサヒは2大ビール会社のカールトンとライオンの競争を制約する可能性があり、「将来的にはさらに大きな脅威となる可能性がある」としている。

モーニングスターのシニア株式アナリスト、ジーニー・チェン氏は「こうした懸念があるため、この取引が承認される可能性は低い。アサヒとABインベブは再交渉する必要がある」と指摘。アサヒのサイダー事業売却が必要になる可能性や、ABインベブが別の買い手を見つける必要性に言及した。

カールトンは特に追加するコメントはないとした。アサヒの広報担当者もコメントはないとした。

アサヒはオーストラリアで高級ビールを展開する海外企業としては2位。国内外のさまざまなビールや、サイダー、スピリッツ(蒸留酒)を製造・販売している。

カールトンを買収すれば、ベルギーのABインベブ、オランダのハイネケンに次いで世界3位のビール大手となる。

カールトンの主力ビールブランド、ビクトリアビター(VB)を手中に収めることで、子会社のライオンを通じてXXXX(フォーエックス)ゴールドブランドを手掛けるキリンホールディングスとの競争もより激しくなる。

ACCCは来年1月22日まで、関係当事者の提案を募っており、3月19日に最終決定について発表する計画だ。

*内容を追加しました。(12/12 13:58)

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media