ハレの日から日常へ コロナ禍による内食化を機にワイン需要が堅調に推移

石山真紀(ライター)
Pocket

ワイン自宅 イメージ
外出自粛や飲食店の営業短縮といった影響から内食化が進み、家飲みの需要が大きく伸長した。 Kerkez/i-stock

以前は外食やハレの日での飲用イメージが強かったワインだが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け外食から内食への流入が進んだことにより、家でワインを楽しむ人が増えている。さらに需要を拡大していくためには日常的に楽しめるシーンの提案やライトユーザーの取り込みが重要となる。

外食から内食へワインの需要も拡大

 KSP-POSデータによると、2020年2月から21年1月のワインカテゴリーの期間通算金額PIは前年同期比9.8%増の7347円、数量PIは9.8%増の11.05と、金額・数量ともに大きく伸長した。

 ワインのカテゴリーは例年、ボジョレー・ヌーボーの解禁やクリスマス、年末年始といった人の集まる秋冬に需要が高まるが、今期は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出自粛や飲食店の営業短縮といった影響から内食化が進み、家飲みの動きも加速。月別の売上の傾向を見ると、20年2月と3月は前年を割ったものの、4月以降は前年超えが続いており、とくに5月は前年比27.0%増の大幅伸長となった。緊急事態宣言明けの6月以降も、同カテゴリーは堅調に推移している。

ワインカテゴリーの金額PI月別推移

 嗜好の多様化に伴いビールや新ジャンルといったビール味の飲料中心だった家庭内のアルコール需要は、飲みやすいRTDやハイボールなど、男女ともに選択の幅を広げてきている。ワインも食の洋食化に伴い伸びてきたカテゴリーであり、流通各社も新店やリニューアル店などでは、ワイン売場の拡張や品揃えの強化、プライベートブランドの開発などに力を入れてきた。

 しかし、この数年はマーケットが停滞しており、日本と欧州連合による経済連携協定(EPA)でEUから輸入されるワインにかかる関税が撤廃され、欧州産ワインの伸びが期待されたが、その際も数字が思ったように伸びなかったという。

 新型コロナウイルス流行後の新しい生活様式により、自宅で過ごす時間が増えた今、ワインは外食からの流入に加え、「いつもと違うお酒を飲んでみたい」というライトユーザーを取り込み、復調の兆しを見せている。

ハレの日から日常使いへ ワインの飲用シーンをひろげる

 ワインのメーンユーザーは50・60代といわれているが、今後マーケットを拡大していくためには、若年層やライトユーザーを取り込んでいく必要がある。

 アサヒビールの輸入スティルワイン売上No.1ブランド「サンタ・ヘレナ・アルパカ」では、より気軽な気持ちでワインを楽しんでもらいたいという思いから『うちの夕食がディナーになる、アルパカ』をキーメッセージとした情緒的価値を訴求するマーケティングを強化。新しい顧客を獲得し間口を広げたほか、大容量の「バッグインボックス」タイプの商品を投入することで、既存ユーザーの奥行きも広がっている。

 ワインは食事と合わせやすいアルコールのひとつであり、テレワークの推進などにより家で過ごす時間が増えたことで、ワインを楽しむ機会は着実に増えている。

 これまでのクロスMDではステーキなど、ハレの日のメニューとともに訴求されることが多かったが、日常のメニューでも楽しめる飲料として、定番の総菜コーナーや冷凍食品などとの組み合わせも有効だろう。

 気軽なイメージを打ち出すことで「ワインは難しい」と考え手に取ることを躊躇している若年層やライトユーザーのトライアルを促進し、市場の再活性化を図っていきたい。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media