百貨店、存在の証明その3 拡大路線も今は昔、出口見えぬそごう・西武改革

2019/10/21 05:00
森田俊一(流通ジャーナリスト)

セブン&アイ・ホールディングス(東京都)は10月、傘下の百貨店、そごう.西武(東京都)の大胆なリストラ策を打ち出した。不採算の地方店5店の閉鎖、それに伴う人員の削減だ。そごう.西武はこれまでもリストラを繰り返してきた歴史を持つが、浮上の兆しは依然見えないまま。業界関係者からは「百貨店として再浮上する絵姿が見えない。構造改革がまだまだ必要ではないか」という声も聞かれる。

リストラ策に投資家は一定の評価

 10月10日の構造改革発表の翌日11日、セブン&アイの株価は一時、前日比223円高の4386円まで買われ、約半年ぶりの高値をつけた。不振が続くそごう・西武の不採算店の閉鎖や、イトーヨーカ堂の構造改革を、投資家から一定の評価を得た格好だ

 2019年3~8月期業績で赤字に沈んだそごう・西武。10日に打ち出したリストラ策では、来年8月をめどに「西武岡崎店」(愛知県岡崎市)、「西武大津店」(滋賀県大津市)、「そごう西神店」(兵庫県神戸市)、「そごう徳島店」(徳島県徳島市)、21年8月には「そごう川口店」(埼玉県川口市)を閉鎖する。また、21年2月には、「西武秋田店」(秋田県秋田市)、「西武福井店」(福井県福井市)の売場面積を減らすとしている。これらの店舗閉鎖によって、そごう・西武の総店舗数はセブン&アイ傘下に入った当時の3分の1となる10店舗まで減る見通しだ。

 さらに2022年度には社員数を対18年度比で約1300人減らし、人件費86億円を削減する計画を打ち出している。店舗運営の改善策としては、不採算領域への新コンテンツを導入、テナントの戦略的な入れ替えなどを実施するという。

 一連のリストラ策によるコスト削減効果によって、そごう・西武の業績は一時的に改善すると見られる。百貨店業界に詳しい、あるコンサルタントは、「これで成長軌道に乗せられるかというと、疑問符がつく」と話す。

 コンサルタントは続ける。「さらなる構造改革を進めなくてはいけないのではないか。そごう・西武は、『西武池袋店』(東京都豊島区)と『そごう横浜店』(神奈川横浜市)の2店舗、あるいは基幹店舗だけに絞ればいい。そうすればセブン&アイ・ホールディングスの株価はさらに上がるだろう」

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media