マクドナルドが読売新聞と共同配送、食塩と新聞をトラックに混載

2019/06/04 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング部

マクドナルド
共同配送によって4トン車での配送がなくなることから、年間で二酸化炭素排出量を約1.1トン削減できる見込み 写真はロイター

 日本マクドナルドは6月3日、読売新聞グループ本社と共同配送の取り組みを始めた。大阪市から兵庫県西宮市に新聞の夕刊を運ぶ2トントラックの空きスペースに、マクドナルドが店舗などで使う食塩を混載する。

 従来は4トントラックを使って、大阪市内から神戸市内に食塩を運んでいた。共同配送によって4トン車での配送がなくなることから、年間で貨物車両の走行台数を約230台、車両からの二酸化炭素排出量を約1.1トン削減できる見込みだ。
 
 トラックでの配送は永尾運送(大阪府摂津市)とHAVIサプライチェーン(東京都中野区)が担当する。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media