アパレルビジネスの「一丁目一番地」は企画力か?将来AIで対応可能になる決定的な理由

河合 拓
Pocket

私が主催している研究会で、隔週にわたり有志や企業派遣の人員により、熱い議論が繰り広げられている。その中で、おもしろいディベートがあったのでご紹介したい。いわゆる、アパレル・ビジネスの競争力の「一丁目一番」はどこにあるのか、という議論だ。そこから発展して、アパレル・ビジネスの強みを特定した上で、その強みは将来、テクノロジーによって再現可能になるのか否かについて考察してみたいと思う。

scyther5/istock
scyther5/istock

多様化する消費者の嗜好

 私たち40代以降の世代では、大晦日には家族が集い、八代亜紀の「雨の慕情」やピンクレディーのヒット曲を年代、嗜好性に関係なく全員がTVで見ていたものだった。おおよそ日本人であればレコード大賞から紅白歌合戦という流れで皆が見ていたし、翌日は皆が同じ話題を語っていたように思う。

 しかし、今は家族がそれぞれスマホをもって、尺が長くなったYouTubeNetflixで、バラバラに好きな番組を観るし、皆がBluetoothのイヤホンをつけ好きな音楽を聴く。AIが、その人の嗜好性を分析し個人の好みの音楽を流してくれる。私が、最近驚いたのは、「家族で軽井沢へ行こう」と言ったところ、Z世代の娘達はググる(すでに死語となっている)ことをせず、アプリを立ち上げ、インスタで、「#(ハッシュタグ)軽井沢」で調べるのだ。

  以前私は、「Shein(シーイン、中国の急成長企業)を知っている人、手を上げて」と問えば、Z世代はみな手を上げるのに、(私を含め)大人達は全く知らない、という奇妙な現象は、デジタル化によるナローキャスティング(ターゲットだけをめがけ突き刺す)がなせる技だと説明した。私たちの一挙手一投足はデータ化され、そのフットプリント(足跡)は追いかけら分析されているわけだ。もはや、家族がお茶の間に揃い、みなで歌謡曲を聴くという昭和の風物詩は過去の遺物となってしまい、個人がバラバラに個人の嗜好を追求しバーチャル空間で繋がってゆく。こういう時代に、日本の文化は、というような言葉さえ死語になる気がしてならない。

 こうしたパーソナライズは、マーケティングをより複雑に、そして、よりマルチにしてゆき、過去のように「来年のトレンドは」ということが、「誰に対して」、「何を訴求したいのか」ということをハッキリしなければものが売れない時代になってきたように思う。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media