第2四半期は増収・減益のツルハHD 鶴羽順社長が語ったデジタル戦略とは

ダイヤモンド・ドラッグストア編集部
Pocket

ツルハホールディングス(北海道:以下、ツルハHD)の2022年5月期第2四半期(上期)業績は、売上高は対前期比2.0%増の4625億円1200万円、営業利益は同18.9%減の227億円900万円、経常利益は同20.1%減の226億円2200万円、四半期純利益は同23.2%減の127億円3900万円だった。

札幌市内のツルハドラッグ
札幌市内のツルハドラッグ

既存店苦戦で売上高は計画未達に

 ツルハHDの2022年5月期第2四半期(上期)業績は、巣ごもり需要の反動減や季節品の不振で売上高は計画未達となった。売上総利益も伸び率が低く推移し、販売費及び一般管理費(販管費)は出店経費ほかの要因により例年通りの伸びとなったため、営業利益は18.9%減となった。

 また、第2四半期までに70店舗を新規出店した一方で、不採算の31店舗を閉店。調剤薬局は45店舗を開局した。さらに120店舗の既存店で改装を実施した。

 商品部門別の売上高については、「医薬品」は引き続き調剤が好調で、粗利益率も薬価交渉が妥結し前年に近い水準まで回復した。一方、一般用医薬品はワクチン接種の副反応対策として解熱鎮痛剤の需要が増加したものの、かぜ薬、ドリンク剤が前年割れの状態が続いた。「化粧品」については、一般化粧品、制度化粧品ともに季節品等の不振で前年割れとなった。一方で、「食品」については第1四半期からの高い伸びが継続している。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media